薬(処方薬・市販薬)

花粉症の症状がひどい…妊娠中でも飲める市販薬ってありますか?!

花粉が飛ぶ季節、辛い花粉症に悩む人は、大勢いらっしゃいますよね。 現在妊娠初期である相談者の方は、ひどい花粉症のため毎年薬を飲んでいるのですが、妊娠中でも市販薬を飲んでいいの?と、悩んでいます。妊娠中の薬の服用は、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配があるため、相談者の方は慎重になっているようです。

妊婦さんの悩み:「現在妊娠中です。毎年ひどい花粉症に悩まされ、薬が必要ですが…。」

毎年花粉症の症状がひどく、市販薬でその症状を抑えているという相談者。現在妊娠初期の段階ですが、市販薬を飲んでもいいのかどうか悩んでいるようです。

現在、妊娠初期の妊婦です。私は花粉症が酷く、毎年薬を飲んで症状を抑えているのですが、妊娠中でも市販薬を飲んで良いのでしょうか?薬を飲まないと出勤するのも辛くて、仕事もまともにできない状態になってしまいますので、とても悩んでいます。

妊娠中の薬の服用は慎重に!必要な場合は、病院で処方してもらうことをお勧めします。

妊娠中、特に妊娠初期の薬の服用は、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。花粉症が辛い場合は必ず病院を受診して、妊娠中に服用しても差し支えのない薬を、医師に処方してもらいましょう。

妊娠初期というのはお薬による影響が出やすい時期でもありますので、私が勤務している耳鼻科では、妊婦さんには内服薬の処方はしていません。点鼻薬に関しては鼻の粘膜部分でとどまるということで、使っていただいています。(耳鼻科看護師)
妊娠中は、薬によっては、赤ちゃんへ悪い影響を与えてしまうものもあります。花粉症の症状が辛い場合は、病院を受診して妊娠中であることを伝え、妊娠中でも比較的安全な薬を、処方してもらう必要があります。(産科看護師)
生まれた赤ちゃんに奇形があった場合、それが服用した薬が原因なのか、そうではないのかの判断ができません。ですので「薬を飲んだせいかもしれない…」と、後悔する結果にならないように、私が勤務する病院では、万全を期して内服薬は処方しないことにしています。(看護師)
市販薬を自分の判断で使うよりも、一度耳鼻科を受診していただくか、産婦人科のお医者さんに相談していただく方が安心です。(耳鼻科看護師)

妊娠中の薬の服用は、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて、必ず病院を受診して処方してもらいましょうと、看護師さんは言っています。自分の判断で市販薬を服用して色々と心配をするよりは、病院を受診してお薬を処方してもらった方が安心ですよね。

妊娠中の花粉症は例年にも増して辛いでしょうが、頑張って乗り切って、元気な赤ちゃんを産んで下さいね!


2014/07/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)