産後の腰痛

2016/04/06

産後9カ月。出産後、寝ている時にだけ腰が痛むのはなぜ?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後9カ月。出産後、寝ている時にだけ腰が痛むのはなぜ?

起きている時は何ともないのに、就寝中に動くと腰に目が覚めてしまうほどの激痛が。産後にはじまったこの痛み。原因はいったいなんなのでしょう。

ママからの相談:「寝ている時だけ起こる腰の痛みについて」

産後、寝返りをうつと腰がこわばっていてとても痛いです。時には痛さで目が覚めてしまうほどです。起き上がろうとしても痛くてすぐには態勢を変えられず、腰をさすったりストレッチをしないと動き出せません。起きている時は全く痛みもなく普通に動けるのですが、なにが原因なのでしょうか。(40代・女性)

痛みの原因として考えられること

出産後、夜間に何度も起きて、授乳やオムツの交換をするのは当たり前。なのに、その夜間に限って激しい痛みが…。いったいなにが原因でそんな痛みが起こるのでしょうか。

産後の腰の痛みの原因としては、ホルモンの影響や骨盤のゆがみ、赤ちゃんを抱っこしたり、中腰でオムツ交換による腰への負担などが考えられます。(産科看護師)
産後の腰痛の原因は、出産のために骨盤が広がって緩んでしまったことがほとんどです。骨盤が妊娠前のようにしっかり安定するには、最低でも産後6カ月はかかるといわれています。 (看護師)
産後に安静にできなかったり骨盤ベルトを締めていなかったりすると、骨盤が歪んだまま固まってしまうことがあります。これが腰痛の原因になっていることも考えられますね。また、痛みがあってもストレッチすれば動けるということであれば、骨盤が歪んで固まっているための筋肉のこわばりが原因とも考えられます。(看護師)
寝ている時は体温が下がります。また、就寝中は身体を動かさないことでさらに筋肉が硬くなり、おっしゃるような痛みが生じていることが考えられます。(産科看護師)

ポイントは身体の歪みを正すこと

あらためて、出産とは身体のいろんなところに負担のかかる大仕事なのですね。身体の歪みと就寝中の筋肉のこわばりが原因と思われる腰の痛みは、どんな方法で解消できるのでしょうか。

骨盤ベルトを使用し、産後の骨盤矯正の体操は続けて行うようにしてください。座っている時も立っている時も背筋をのばして、正しい姿勢を意識してください。(産科看護師)
寝る前に軽いストレッチをしたり、横になる時はクッションを利用して楽な姿勢で横になりましょう。寝ている間に腰が冷えないように、お腹に上掛けを一枚追加してください。また、湯船にゆっくりつかって血行をよくするのも効果的です。(産科看護師)
骨盤が歪んで固まったことが原因だとしたら、痛みを取り除くためには徐々に矯正していく必要があり、矯正には時間がかかります。痛みが続くようなら、整形外科や整体などにかかってみた方がよいかもしれません。(看護師)

まずは、正しい姿勢を心がけ、なるべく血行を良くするように工夫すること。また、整形外科や整骨院などの専門家の手を借りるのも、痛みを早く解消するための早道といえそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加