乳首の黒ずみ

2016/04/07

卒乳後しぼんだバスト。張りを取り戻すにはどうすれば?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

卒乳後しぼんだバスト。張りを取り戻すにはどうすれば?

赤ちゃんをおっぱいで育てていると、卒乳後見事にバストが貧弱に……なんてこともあるかもしれません。授乳中にきちんとバストのケアをしなかったせい?と悩む相談者の方に、看護師さんたちは何とアドバイスしているのでしょうか。

ママからの相談:「卒乳後にバストがシュン……。授乳中にケアをしなかったせい!?」

もともとバストは小さい方で、妊娠中や授乳中には大きくなるのでは?と期待しましたが、特に大きくなりませんでした。卒乳して2週間ほど経ちますが、妊娠前よりもバストがかなり小さくなってしまい、イソフラボンを意識して納豆を毎日食べたりしてもすぐに効果があるわけでもなく……。妊娠中や授乳中にケアを怠ったのがダメだったのか、このままバストは元には戻らないのでしょうか。 (20代・女性)

サイズダウンや、左右の大きさに違いが出ることも

卒乳後はバストのサイズがダウンしたり、左右の乳房の大きさに違いが出ることも。今のサイズにきちんと合ったブラジャーの着用と、バストアップ体操なども効果があるようなので試してみるとよいでしょう。

妊娠中・授乳中は、女性ホルモンの影響で乳腺が発達して胸も大きくなりますが、産後はエストロゲンの減少、卒乳後はプロラクチンの減少により胸がしぼんでしまいます。ブラジャーは、サイズの合わないものや締め付けるものはバストの形を悪くするため、自身に合ったサイズを着用してください。また、産後のバストアップ体操はネットでも紹介されているので、参考にしてください。(産科看護師)
妊娠中でも胸が大きくならなかったり、授乳を終える時期になると妊娠前よりも小さくなるという悩みも時々耳にします。卒乳を始める時に乳腺・おっぱいの脂肪は徐々に減少していきますが、これはどうしようもないことで、卒乳時の胸は妊娠前に比べると張りがなくしぼんだ感じとなり、左右のサイズに違いが出ることもあります。(看護師)
確かにおっぱいケアをしなかったのも1つの原因かもしれませんが、ケアをしていたら必ず防げたということでもないでしょうし、過去のことよりも今後のことを考えましょう。胸の垂れ防止のためには、胸周りの筋肉を鍛えるのが効果的なようですし、胸の形を整えるようなマッサージ方法もあるようです。またブラジャーは授乳用ではなく、今の自分に合ったサイズのブラを使用しましょう。(看護師)

エストロゲンの分泌を促そう!

バストアップに効果的なのは、エストロゲンの分泌を促すことです。そのため、睡眠不足などは避け規則正しい生活で、バランスのよい食事を心がけてください。

元々の体質もありますし、すぐには効果が現れないかと思いますが、エストロゲンの分泌を促すことがバストアップの基本です。エストロゲンはストレスや睡眠不足にも影響されるので、できるだけ規則的な生活で睡眠不足にならないようにし、ストレスをためないよう短時間でも気分転換して、自律神経のバランスを整えてください。(産科看護師)
納豆などの大豆製品を摂ることも大切ですが、栄養のバランスを考えたんぱく質やビタミン類も摂るようにしましょう。(産科看護師)

産前~産後~卒乳後はバストの大きさが変化しますが、個人差もあり、もともとの大きさなども関係しているようです。生活習慣に気を配り、バストアップ体操なども是非試してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加