尿漏れ

2016/04/09

くしゃみなどで尿漏れ。産後の排尿トラブル、どうする?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

くしゃみなどで尿漏れ。産後の排尿トラブル、どうする?

妊娠中は大きくなった子宮に膀胱が圧迫されて、頻繁に尿意を感じるようになるという話を聞きます。出産が終わると解決すると思っていたのに、なぜか産後も尿意が我慢できなかったり尿漏れなども。このような悩みに対し、医師や看護師さんたちの回答とは。

ママからの相談:「産後、少しの尿意も我慢できなかったり、尿漏れも。」

産後2年近く経ちますが、くしゃみなどで尿漏れをすることがあります。また妊娠中も気になっていましたが、尿意を我慢できる時間が明らかに短くなっていて、少しの時間でもすぐトイレに行かないと漏れてしまいそうな感じになります。最近、尿漏れ対策の体操も始めてみましたが、いまいち効果が現れません。今はおりものシートで何とかやり過ごしていますが、何か病気が潜んでいる可能性があるのでしょうか。(20代・女性)

骨盤底筋の緩みや妊娠中の排尿習慣が原因かも

妊娠や出産が原因で、子宮や膀胱周辺を支えている筋肉が緩んでしまい、頻尿などの原因になっている可能性があると医師や看護師さんは説明しています。日常生活に支障をきたすほど深刻であれば、一度泌尿器科で相談してみてください。

骨盤底部には、膀胱・子宮・直腸を支えている筋肉群が存在しています。妊娠・分娩に伴いこれらの筋肉が緩んだり引き伸ばされて傷むことで、膀胱や膣や肛門の締まりが悪くなり頻尿や排便困難が起こったり、また子宮が膣内に落ちて来るため股間に何か挟まったような異物感を感じることがあります。症状が強く、日常生活に支障をきたす場合は簡単な手術の適応となることもあるので、一度女性泌尿器の専門医を受診してはいかがでしょうか。 (医師)
一般的に尿漏れが起こる原因としては、大きくなった子宮が膀胱を圧迫するということがありますが、産後の場合だとこれは違うでしょう。他には、産後の骨盤がずれたまま固まってしまい子宮を圧迫していたり、妊娠中の排尿習慣のまま産後も過ごしていると、膀胱の容量が少なくなるということはあります。このような場合、骨盤矯正や排尿感覚を長くする習慣で改善するかもしれません。(看護師)

体操の効果が現れるまでは、少し時間が必要

尿漏れ対策の体操などは、始めてすぐに効果が出るというものではありません。個人差はありますが、約2カ月ほど尿漏れ対策を行っても変化がなければ、病院の受診を検討されてはいかがでしょうか。

尿漏れ対策の体操を始めたとのことですが、このような体操の効果が現れるのはすぐではなく、早くても1カ月以上はかかるようです。尿漏れ対策をきちんと続けて、2カ月しても効果がなければ病院を受診するタイミングだともいわれていますので、参考にしてみてください。(看護師)
出産直後数カ月の間は、骨盤の筋肉を鍛えることでかなりの回復が見込めますが、相談者様の場合は産後かなりの時間が経過しているので、完全な症状の改善は難しいかもしれません。しかし尿漏れ対策の体操は、症状が更に進行しないためにも続けた方がよいでしょう。(医師)

産後の排尿トラブルを解消するためには、早めに骨盤周辺の筋肉を鍛えるようにすると効果的なようです。産後かなり時間が経過している、2カ月ほど尿漏れ対策をしても改善しない場合、一度泌尿器科を受診した方がよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加