更年期障害

最近増えたイライラやのぼせ。30代なのに更年期ですか?

30代後半になり、イライラやヒステリーをおこすことが多くなってしまいました。頭に血がのぼったような症状もあって困っています。30代で更年期とは考えたくないですが、原因がわかりません。30代で更年期のような症状に悩む女性に、婦人科の看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

37歳の女性からの相談:「最近イライラやのぼせが多くなった原因は?30代でも更年期になりますか?」

30代半ばになり、近頃イライラとしてしまうことが多くなりました。今までなら何でもなかったことにも、ヒステリックになってしまい、頭に血がのぼったような症状になることもあって困ります。この症状は自分でコントロールすることはできず、日によっていい日と悪い日もあるのですが、原因は何が考えられますか?更年期というのは考えたくないのですが、まさか37歳でも更年期の可能性があるのでしょうか?(37歳、女性)

30代なら閉経からくる更年期障害とは考えにくいようです。

更年期障害は、閉経前後のホルモンの乱れで起こるといわれています。閉経以外の原因で、このような症状がおこっている可能性があると教えてくれました。

正確な更年期障害とは、閉経前後の約5年間におこるさまざまな症状のことを指します。日本の女性の平均的な閉経年齢は50歳(個人差はありますが)といわれています。ですので、この状態は更年期障害とは言えないと思います。(婦人科看護師)
更年期障害のそもそものメカニズムは、閉経による女性ホルモンの分泌バランスの乱れですので、この場合は閉経以外の原因でホルモンバランスが乱れてしまっている可能性があると思います。原因は人それぞれですので、当てはまるかはわかりませんが日ごろのストレスや過度なダイエット、不規則な生活などが主な原因となることが多いそうです。(婦人科看護師)
自立神経が乱れているのかもしれません。一度神経内科に受診して、軽い安定剤をもらったほうがいいかもしれません。(リハビリ科看護師)

月経不順などがあれば若年性更年期障害の可能性も。

一方で、20代や30代の女性でも更年期のような症状が起こることがあるそうです。月経周期に乱れがあるようなら、必要に応じて婦人科の受診も勧めてくれました。治療方法もあるそうです。

最近、若年性更年期障害、といわれるものがあります。これは、20代や30代の女性に、まるで更年期のような症状が起こります。若年性の場合は、閉経とは関係なく、ホルモンや自律神経のバランスの崩れで起こりますので、月経周期が乱れたりします。月経周期はいかがでしょうか。一度婦人科で相談してみるのもいいかもしれません。(一般内科看護師)
月経周期は整っていますか?もし月経不順がある場合は、ホルモンバランスが乱れている可能性が高いです。基礎体温など測定していただき、必要であれば婦人科の受診をお勧めします。現在ではホルモン補充療法など治療方法もありますので医師に相談していただくとよいかと思います。(婦人科看護師)

過度のダイエットや不規則な生活など、ご自分にとってストレスとなるようなことはなかったでしょうか。まずは、基礎体温や月経周期を確認してみましょう。ご自分の身体の声を聞いて労わってあげてくださいね。


2014/11/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)