鼻水

子どもの鼻水。症状が軽ければ吸引して様子見でよい?

小さい子どもはよく鼻水を出しますが、特に発熱などの症状がなければ病院の受診を迷うママも多いようです。自宅で鼻水を吸引して様子を見ていて大丈夫かという相談に、看護師さんたちの回答とは。

ママからの相談:「1歳児の鼻水。自宅で吸引するだけじゃダメ?病院受診すべき?」

寒くなり子どもがよく鼻水を出しますが、この時期あまり病院には行きたくありません。でも子どもは鼻がかめないし中耳炎になると困るため、自動鼻吸い器を買いました。これで鼻水もすっきりするし、吸引しに病院まで行かずに済むと思ったのですが、鼻水だけと思っていても実は喉が赤かったりするかもしれないなど不安です。鼻水がたくさん出ているが食欲もあり元気な時は、家で吸引してあげればそれでよいでしょうか。(20代・女性)

食欲があり、水分が摂れていれば様子見でも

軽い風邪症状の場合、食欲があってしっかりと水分が摂れていれば様子見でもよいようです。熱がある、いつもと様子が違う、またやたらと耳を触るなどの場合は中耳炎を起こしていることもあります。心配だなと思ったら、病院を受診するようにしてください。

鼻水だけで元気にしていれば様子見でよいですが、吸引は応急処置と考え、ママが心配な場合や症状が悪化するようなら早めに病院を受診してください。(産科看護師)
子どもが風邪をひいた時の受診の目安に迷うママは多いですが、食欲がありきちんと水分が摂れていれば心配ないでしょう。軽い症状で医療機関を受診して別の感染症を貰ってしまうこともあるので、鼻水だけで他に症状がなければ家で鼻水を吸って様子をみてあげてください。(内科看護師)
喉に炎症などがあれば、熱などの症状も出てきます。食事量が減ったなどお子さんの様子がいつもと違うと感じたら、小児科を受診してください。(内科看護師)
耳が痛い時は頻繁に耳を手で触れたり、夜泣きをしたり泣く回数が多くなるので、その場合は耳鼻科を受診して耳の状態を診てもらいましょう。また鼻水が多く中耳炎の心配がある時は、耳鼻科で鼻水をとってもらうとよいでしょう。(内科看護師)

鼻水吸引の際は低圧で

鼻水を放っておくと中耳炎などになりやすいので、できる範囲で吸ってあげるのはよいことです。しかし子どもの鼻の粘膜は傷つきやすいため、鼻水を吸引する時は圧をかけすぎないよう、そっと吸ってあげてください。

こまめに鼻水を吸い、風邪を悪化させないことはよいことです。上手く鼻がかめない小さな子どもは副鼻腔炎や中耳炎を起こしやすいので、鼻水が出るようならできる範囲で吸引してあげてください。(産科看護師)
子どもの鼻の穴は細く、動いたりして粘膜を傷つけることがあるため、吸引時はお子さんの顔をしっかり固定してチューブは深く挿入せず、低圧で短時間で吸引するようにしましょう。粘膜を傷つけないよう、チューブの根元を指で押さえて圧がかかっていない状態で挿入し、チューブを挿入してから圧をかけるようにしてください。心配なら、耳鼻科で吸引指導を受けるとよいでしょう。(産科看護師)

鼻水以外に特に症状がなく元気であれば、自宅で吸引しながら様子をみてあげても大丈夫なようです。しかし子どもの容態は急変しやすいため、様子がおかしいと感じたらすぐに病院を受診しましょう。


2016/04/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)