鼻血

2016/04/17

子どもがしょっちゅう鼻血を出すが、原因と対処法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子どもがしょっちゅう鼻血を出すが、原因と対処法は?

鼻をぶつけた時など鼻血が出ることがありますが、何もしていないのに突然出血することもあります。3日に1度のペースで子どもが鼻血を出すが、原因は何だろうと心配するママに対し、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

ママからの相談:「子どもの鼻血。数日おきに出るので心配です」

2歳の息子が最近、3日に1回ぐらいのペースで鼻血を出します。寝起きに出ることが多く5分程度で止まり、特にのぼせたような様子もなく元気ですが気になります。不定期とはいえ鼻血が続けて出るのはなぜか、また鼻血が出た時どうすれば早く止めることができるでしょうか。先日外出先で鼻血が出た時なかなか止まらず、少し焦りました。(20代・女性)

子どもは鼻の粘膜が弱い

子どもは鼻の粘膜が弱く、ちょっとした刺激でも鼻血が出やすいです。一旦鼻血が出ると血管の修復に数日かかるため、その間に再度出血するのも珍しいことではないようです。

小さい子どもは鼻の粘膜が弱く無意識に鼻を触ることが多いため、風邪などの疾患がなくても気温の変化や刺激によってすぐに鼻血を出します。風呂上りなど身体が温まっている時は血流がよくなり出血しやすいですし、寝起きに出る場合は就寝中に鼻を触っていたり、気温の低下による刺激が考えられます。(産科看護師)
鼻血が出るのは鼻の中のキーゼルバッハという部分からですが、一旦鼻血が出るとこの部分の血管の修復に数日かかるため、その間少しの刺激でも出血しやすくなります。お子さんが鼻を触っていたら、止めるようにしましょう。(産科看護師)
止血してもなかなか止まらない、多量に出血する、鼻をいじっていないのに頻回に出血する場合は、血液疾患や貧血やアレルギー性鼻炎などが疑われ、応急処置として耳鼻科でレーザーによる止血が行われます。(産科看護師)
大人に比べ子どもは鼻の粘膜が弱くよく鼻血を出しますが、5分程度で止まるなら異常ではありません。1度鼻血が出るとちょっとしたことでも出血しやすくなるので、以後数日おきに出ても不思議はないでしょう。成長とともに出血しにくくなるので、安心してください。(循環器内科看護師)

下を向いて、約5分間小鼻を圧迫

鼻血が出たら少しうつむき加減にして、鼻翼部分を圧迫しましょう。ティッシュなどを詰めると、抜く時に粘膜が傷つき更に出血することがあるため注意が必要です。

鼻血が出た時は、上を向くと血液を飲みこみ気分が悪くなるため下を向かせ、口にたまった鼻血は吐かせましょう。小鼻(目と目の間より少し下の部分)をギュッとつまむようにすると、普通の鼻血だと数分で止まります。鼻にティッシュなどを詰めると、抜く時にティッシュについた固まった血液が粘膜を傷つけ、更に出血しやすくなります。(産科看護師)
鼻血の予防と貧血を防ぐため、鉄分や葉酸やビタミンAを含むもの、粘膜を強くする働きがあるビタミンCなどを摂るようにしましょう。(産科看護師)
鼻血が出たらまず安静にして、ティッシュはつめるのではなく、血が垂れない程度に添えるようにして両鼻をつまみます。5分程度押さえ続けると止まるので、試してみてください。(循環器内科看護師)

子どもは鼻血を出しやすいのですが、正しい止血法できちんと止まるなら問題はないようです。出血が大量、なかなか止まらないようであれば病院を受診しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加