調査・アンケート

シーボン、産休・育休後の仕事復帰に関する意識調査を実施!

社員の9割以上が女性、シーボンが調査

株式会社シーボンが、産前産後休業・育児休業の取得経験のある女性社員を対象に「産休・育休後の仕事復帰に関する意識調査」を実施、その結果を2016年4月1日(金)に発表しました。

復帰後の環境変化に不安を感じる

回答した女性社員135名のうち、「産休・育休後の仕事復帰に不安を感じる」と応えたのは82.6%。その理由として、「上司や同僚への負担や迷惑」が最も多く27.9%、以下「子育てとの両立」(20.3%)「仕事への適応」(16.3%)「自身の体力・健康維持」(12.5%)などが続いています。

一方で「仕事復帰して良かった」と感じたことについて、トップは「今までのキャリアを活かせること」で18%、「職場で気遣いや思いやりを感じたとき」や「職場に子育ての先輩や相談相手がいる」が17.3%、「社会とのつながりが感じられた」が17%となりました。

仕事復帰後の環境変化へ適応できるかどうかについて不安を感じるものの、実際に復帰した後は女性が多い職場環境であることに心強さを感じる社員も多いことがわかります。

子供の存在が働くモチベーションに

「子供の存在が仕事へのモチベーションになる」と回答した割合は90.6%。その理由としては、「子供の笑顔や元気にパワーをもらえる」「成長する姿に自分も頑張ろうと思う」「一緒に過ごす時間が大切に思える」「時間を効率的に使うようになった」などのコメントが寄せられたそうです。

子供の姿に元気をもらえたり、子育てと仕事の両立により時間のやりくりが上手になったりといった、子育てを通じて自分自身の成長を実感する人が多いことが伺えます。

また、「子育てが一段落した後の働き方」については、「正社員で働き続けたい」が21%で最も多く、「キャリアアップや昇格を目指したい」「新しいことにチャレンジしたい」といった前向きな回答が目立ちました。

ライフステージに応じた働き方を支援

社員の女性比率が9割以上を占めるシーボンでは、結婚・出産・育児・介護といったライフステージに対応し、社内制度の充実と働きやすい職場環境づくりを推進しています。

例えば育児休業の延長やショートタイム正社員制度の導入など、産休・育休後の社員が無理なく職場復帰ができるよう制度の改革や見直しを行っているそうです。

今回の調査結果を受けて、社員の仕事復帰に対する不安や復帰後の状況をさらに理解し、ライフステージに応じた働き方をバックアップしていくとのことです。

参考サイト

株式会社シーボンのニュースリリース


2016/04/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部