生理の悩み

生理が重いと出産が楽って本当?

「毎回の生理時に痛みがひどい人は出産時の痛みが少ない」という話があるそうですが、真偽のほどはどうなのでしょうか。この話が本当かどうか悩んでいる10代の女性に看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

10代女性からの相談:「生理が重い人は出産が楽、という話は本当でしょうか?」

「生理が重い人は出産の時に楽」という話を聞いたのですが、これは本当なのでしょうか?私は生理中にものすごく体調が悪くなる方で、精神不安定になったり痛みに泣きそうになったりするので、出産の時もすごく大変なのではと勝手に想像していました。実際に生理で痛みがひどかったり体調を崩す人というのは、出産時に違いがあるのでしょうか?(10代女性)

個人の痛みの感じ方の違いによります。

「痛みの感じ方というのは個人差が大きいものです」と看護師さんは言っています。ただし、生理痛と出産時の痛みが同じ系統のものと考えれば、生理痛がひどい人は、その種の痛みに慣れているとも考えられると教えてくれました。

出産の痛みについては、個人の痛みの感じ方の違いと思われます。生理痛がひどい人は、痛みを普段から経験している分、同じ系統の痛みが出産時に感じられるので、出産後に思い返してみれば慣れた痛みであり、そんなにびっくりするほどでもなかったと感じるのかもしれません。生理痛がひどい人は、出産時の痛みに対する心構えの面では少し有利かもしれません。(看護師)
「生理が重ければ出産が軽い」というのは単なるうわさです。(看護師)

生理痛がひどかったり生理の時に精神的に不安定になるなら婦人科を受診してみましょう。

看護師さんや管理栄養士さんたちは相談者の方が生理中とても体調が悪くなる点を心配しています。生理痛や精神不安によいお薬もあり、隠れた病気の発見にもつながるので、一度、婦人科を受診してみてはとアドバイスがありました。

現在の生理の時の痛みや精神不安定について、婦人科を受診すると鎮痛剤やピルなどのホルモン剤を処方してもらえるので検討してみてもよいでしょう。(管理栄養士)
生理痛に無理して耐えることはありません。最近は安心して飲める薬が多く、婦人科で処方してもらえます。(看護師)
生理痛がひどい人のなかには隠れた病気がある人もいます。経血がドロッとしていたり、量が多くて外出もままならないようであれば、婦人科を受診したほうがよいでしょう。(看護師)

生理痛の重さからだけでは出産時の痛みを簡単に推測できないことがわかりました。また、毎回の生理時の痛みや不快感は婦人科を受診することで改善する可能性も教えてもらえました。女性の身体をよく知っている婦人科のお医者さんに心配なことはいろいろ相談したいものです。


2014/11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)