病院選び

高齢出産の産院選びで注意することとは?

はじめての妊娠で高齢出産となる場合、心配事は尽きないかもしれません。今回の相談者さんも40歳の初産で、通院に時間のかかる病院や産院を選んでも問題はないかと悩んでいます。専門家はどのようにアドバイスしているのでしょうか。

妊婦さんからの相談 :「距離の遠い病院を選んでも問題なし?」

39歳で初めての妊娠で現在16週目、出産時には40歳になります。現在健診に通っているクリニックは分娩を行っておらず、出産は別の産院を探さなくてはいけません。自宅から約1時間のところに総合病院、約40分のところに産院がありますが、通院に時間がかかるため、突然産気づいたときの不安があります。これまでの経過に問題はなく順調ですが、高齢出産なので産院選びに注意すべき点はあるのでしょうか。(39歳・女性)

提携病院の確認を

高齢出産に限らず、緊急時に対応をしてくれるNICUのある病院や、そのような病院と提携している産院であれば安心です。

どの病院にも長所と短所があるため、ご自身が信頼できて通院に便利なところがよいでしょう。出産は誰にとっても危険を伴う可能性がありますので、NICUなどの設備の整ったところが安心して出産できると思います。産院でも、万が一に備えて大きな病院と提携していれば問題ないでしょう。(産科・婦人科看護師)
陣痛が始まってから病院に向かうまでの距離が短い方が何かと安心できます。胎児や母体に異常がなく健康であるなら産院でもよいのではないでしょうか。産院でも緊急事態に備え他の病院と提携している医療機関があるなら緊急の場合は提携先の病院が対応してくれます。提携先の医療機関や緊急時にどこまで対応してくれるのか医師や助産師に聞いておくと安心できると思います。(一般内科看護師)

病院までの距離の目安

理想は、通院にかかる時間が40分から1時間までの距離にあることです。

一般的に初産の場合、陣痛が始まってもすぐに出産には至りません。だいたい陣痛が10分おきの定期的なものになってから病院に行くため、距離があるなら早めに出かけるとよいでしょう。明らかに破水した場合は救急車を呼んでください。いずれにしても転院しなければならないので、現在通院しているクリニックの推奨する病院がなければ家族とよく話し合って少し遠くても安心できるところがよいでしょう。(産科・婦人科看護師)
出産は思わぬ出来事に遭遇することがあります。そのため医療施設が整った病院は安心でき、総合病院などは医療設備が整っているため、緊急の場合は即座に対応してくれます。初めての出産なら40分〜1時間の距離の医療機関が理想です。通院は妊娠後期になると頻回になるので、自宅から近い病院の方が通いやすいと思います。(一般内科看護師)

高齢であるなしに関わらず、誰にでも予期せぬことが起こるのが出産です。産院を選んだ場合でも、緊急時の対応ができる総合病院と提携しているかどうか事前に確認をしておくと安心できるでしょう。


2016/04/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)