病院選び

2016/04/23

第2子妊娠、通院に時間のかかる病院でも大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

第2子妊娠、通院に時間のかかる病院でも大丈夫?

小さいお子さんを抱えながら妊娠するお母さんにとって、育児と通院の両立は悩ましい問題です。帝王切開の不安もあり、前回の出産と同じ総合病院にするべきか、または通院に便利な近所のクリニックにするかで悩んでいるという今回の相談。専門家の意見はどうでしょうか。

妊婦さんからの相談 :「近いが分娩できない産院と遠い総合病院」

第2子を希望しています。第1子の出産は、車で約20分の場所にある総合病院でした。第2子出産は上の子どもの面倒があるため、徒歩約10分の距離の産婦人科のクリニックにかかった方がよいか悩みます。クリニックでは分娩できず、途中で別病院に紹介されるようです。第1子が帝王切開で、次も帝王切開になるかもしれません。前回と同じ病院で最初の健診から出産までお世話になった方がよいでしょうか。(28歳・女性)

前回と同じ病院を選ぶメリット

前回利用された総合病院は、緊急時の対応や前回のデータが残っている点で安心です。また、車で20分の距離は遠くはないという意見もあります。

いずれ転院しなければならないのでしたら、早めに以前出産した総合病院を受診した方がよいのではないでしょうか?車で20分というのはさほど遠い距離とは思いませんし、タクシーでも行ける範囲だと思います。(産科・婦人科看護師)
大きな施設ですと緊急に備えての設備もありますし、妊娠中に他の疾患が見つかった場合にも、病院を変えることなく他科での治療が受けられます。その場合は医師や看護師も情報交換ができます。以前お世話になった医師が勤務していても同じ主治医になるとは限りませんが、違う主治医になっても、前回のデータが残っているので心配ないでしょう。(産科・婦人科看護師)
総合病院なら医療設備も整い何かと安心です。出産は精神的な安心感も重要なので、途中から病院を変えることに抵抗がなければ10分の距離のクリニックでもよいと思います。紹介先の病院名なども聞いておくとよいでしょう。紹介先の病院が以前出産した病院と距離が変わらなければ、以前の総合病院を考慮してもよいと思います。(一般内科看護師)

一時保育の利用も可能

上のお子さんのお世話で通院が大変という理由なら、一時保育サービスなどを利用する手もあります。

妊婦健診のペースは12週〜23週目までは4週間に1回、24週〜35週は2週間に1回、36週以降は1週間に1回になります。通院の際には子どもの世話を頼める親族にお願いしたり、妊婦健診の時は民間の一時保育を利用することもできます。自分が安心して出産できる医療機関を選ぶとよいでしょう。(一般内科看護師)

近くのクリニックにかかってもいずれ転院する必要があるのなら、はじめから前回の総合病院に決めておいたほうがなにかと安心できるでしょう。通院時には上のお子さんを一時的に預かってもらえる機関がないか探してみるのもよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加