病院選び

高齢出産で緊急時が不安…民間の病院でも大丈夫?

高齢出産が増えているとはいえ、緊急事態が起きるかもしれないという不安は依然として高いようです。37歳で初産婦の相談者さんは、民間の病院でもきちんと対応してもらえるか心配していますが、専門家たちはどのように回答しているでしょうか。

妊婦さんからの相談 :「初産で高齢出産、緊急時の対応が不安」

37歳で初めての妊娠です。高齢出産は何かと問題が起きたり危険があると聞きましたが、民間の産婦人科で大丈夫でしょうか?今通っている民間病院に不満はありませんが、もし何か起きたら対応できるだろうかと不安に思います。もっと設備の整った市民病院などに転院した方がよいのでしょうか。初めてで高齢出産ということもあり不安です。専門的な立場から見た意見を教えてください。(37歳・女性)

産院を選ぶ基準について

NICUなどの緊急時に対応できる設備が整っている総合病院は安心ですが、現在の病院がそのような施設と提携しているなら、問題はないでしょう。

病院を選ぶ基準は一般的に、通院に便利、緊急に備えての設備が整っている、または搬送できる病院との連携がとれている、信頼できるスタッフのいるところだと思います。現在の産科は帝王切開などの手術ができたり、低出生体重児だった場合の対応ができるところでしょうか?出産は誰にも危険が伴いますから、ご本人が安心して出産できるところがよいと思います。(産科・婦人科看護師)
万が一に備えるのでしたら、やはりNICUなどの設備や、他の科の医師が常在する大きな施設の方がいいでしょう。しかし大きな病院ですと、待ち時間が長かったり、スタッフの入れ替わりが激しかったりと、どの病院にも長所、短所があります。家族ともよく話し合い、ご本人が希望する病院を検討してください。(産科・婦人科看護師)
高齢出産は予期せぬ出来事が起こる可能性もあり、迅速に対応できる総合病院や大学病院は安心できると思います。現在の病院の医療設備や緊急時の対応について、医師や助産師に質問してもよいでしょう。提携している病院を確認しておけば、万が一の時も安心できます。緊急時は最新医療設備のある大学病院などに搬送され、また新生児に異常があればNICU(新生児特定集中治療室)のある病院に搬送されます。(一般内科看護師)

周産期医療センターも確認を

NICUがなくても、周産期医療センターを設けている病院では同様に緊急対応をしてくれるようですので、事前に確認しておくとよいかもしれません。

現在通っている病院が自宅から近いなら、そのまま分娩まで進んでもよいと思います。もし医師から出産について問題があるなど告げられた場合、別の病院を紹介してもらうこともできます。そのほか「総合周産期母子医療センター」を設置している病院を選んでもよいですが、各都道府県で数は限られてきます。(一般内科看護師)
周産期医療センターも母親と新生児の対応可能で、緊急時に受け入れてくれます。病院によっては紹介のみというところもあるので確認してください。高齢でも無事にお産をすませた方はたくさんいますので、順調に週数が進んでいるならあまり心配はしない方がよいと思います。全ての年齢において出産に危険はつきものですので、問題が起きないように健康管理に気をつけることも重要です。(一般内科看護師)

民間の病院でも緊急時に対応をしてくれる病院へ搬送してくれます。提携先の病院をあらかじめ確認しておくとよいでしょう。


2016/04/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)