産み分け

2016/04/26

体質も関係ある?赤ちゃんを産み分ける方法について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

体質も関係ある?赤ちゃんを産み分ける方法について

「うちは男の子ばかり」「うちは女系家族」というのはよく聞きますが、赤ちゃんの性別を決定づける要素として、体質や家系というのも考えられるのでしょうか。また、産み分けにはどんな方法があるのでしょうか。

ママからの相談:「産み分けに効果的な方法はありますか?」

2人目を妊娠中です。1人目は男の子だったので、もしも2人目も男の子だったら「次は産み分けに挑戦しよう」と主人がいっています。産み分けに効果的な方法は実際どのくらいあるのでしょうか。体質によっては、女の子を希望していても男の子しか生まれないということもあるのでしょうか。(20代・女性)

体質や家系との関係

実際のところ、男女どちらかを生みやすい体質や家系というのはあるのでしょうか。多くのケースを見てきている専門家に聞いてみました。

男の子を生みやすい人、女の子を生みやすい人というのは実際にいます。しかし、それは遺伝かどうかはっきりしておらず、食事内容や性行為の仕方など環境的な要素もあると考えられています。(内科医師)
よく女系家族という言葉や、「不思議と母方には女性が多い」などと聞きますね。体質や遺伝との関係もありえますが、人間の性別はXとYの染色体の組み合わせで決まります。卵子はX染色体ですが、精子もX染色体ですと女の子、Y染色体ですと男の子になります。女の子を希望されるのでしたら、Xの染色体をもった精子と受精させなければなりません。(産科看護師)
膣内の酸性度には個人差があるので、体質によって女の子ができやすい、男の子ができやすいということは考えられなくもありません。(医師)

病院での産み分けについて

どちらかができやすいということは無くは無いようですが、病院での産み分けの基本は染色体の特徴を利用したもののよう。具体的にどんな方法があるのでしょうか。

膣の中の酸性度、アルカリ度は排卵日や性行為中のオーガズムに影響されるため、これらの条件を整えることで理論上は産み分けが可能になります。(医師)
女の子が希望の場合は、性行時にピンクゼリーを使う方法があります。ゼリーの使用は産院の主治医に相談してください。しかし、確実に産み分ける方法はありませんから、あくまでも挑戦という気持ちで取り組んでください。(産科看護師)
女の子を産み分けるには、アルカリ性になる排卵日を避け、排卵2日前、排卵翌日に性行為を行うと確率が高くなるといわれています。 (産科看護師)
女の子を希望される場合は、排卵日2日ほど前にあっさりと短い性行為をなさって、ピンクゼリーを併用することをおすすめします。排卵日を正確に予測することは難しいので、基礎体温をつけたり、場合によっては産婦人科で診察、検査を受けられながらタイミングを計ることが必要になるかもしれません。ただし、いずれの場合も100%成功するわけではないことをご承知おきください。(医師)
人工授精とセットで行う産み分けの方法としてパーコール法があります。これは精子を重さで分別して、X染色体を含む精子が多い部分だけを子宮内に返す方法です。あくまで産み分けは確率をあげるだけであることをしっかり理解して取り組んでください。(内科医師)

産み分けの方法は存在するようです。ただし、専門家の方々が口を揃えているように、あくまでも確率を上げるというだけで100%確実な方法はないととらえておくほうが良いようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加