産み分け

2016/04/26

病院には行きたくないけど、次は男の子を生みたい!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

病院には行きたくないけど、次は男の子を生みたい!

初産の時にはあまり気にならない赤ちゃんの性別。2人目、3人目となると、周囲からの期待もあって、気になる人も多いもの。病院で行われる産み分けの方法を使わなくても産み分けは可能なのでしょうか。

ママからの相談:「男の子の産み分け方法」

女の子2人の母です。3人目はできれば男の子がほしいのですが、病院に行ってまでというのは正直抵抗があります。できることをして、だめならだめでいいやという気持ちではあるのですが、ゼリーなどを使わず、自分でできる産み分けの方法はないでしょうか。(30代・女性)

産み分け、基本的な考え方と方法

現在、病院などで一般的にすすめられている産み分けの方法などについて、専門家にうかがいました。まずは、基本的な考え方を知っておきましょう。

受精卵の性別は精子の染色体によって決まります。男の子を作るY精子はアルカリ性に強いといわれています。膣の中の酸性度、アルカリ度は性行為のオーガズムや排卵日とのタイミングで変わるため、これらの条件を整えた方が産み分けはしやすくなるとはいえるでしょう。(医師)
男の子を産むには、XYの染色体の組み合わせになることが必要です。女性の卵子はX染色体ですから、男性のY染色体をもった精子と受精させなければなりません。Y染色体をもった精子は、アルカリ性で活発に動き、寿命が短いという特徴があります。(産科看護師)
赤ちゃんが男の子になるためにはY染色体をもつ精子が卵子と受精する必要があります。Y染色体をもつ精子はアルカリ性に強く、寿命が短く、動きが早く、数が多いという特徴があります。(内科医師)
男の子を希望する場合の方法としてよく行われているのはゼリーを使用する方法、性交のタイミングを排卵日に合わせる方法、性交の時に女性が性的興奮を得られるように工夫するといった方法があります。(内科医師)

自分でできる方法も考え方は同じ

一般的な産み分けの考え方は、膣内のph、タイミングなどによって、いかにY染色体をもった染色体を卵子と受精させられるかということに尽きるようです。

女性の膣内は常に酸性ですが、排卵日になるとアルカリ性になります。また、女性が満足する性行為を行うと、アルカリ性の粘液が分泌されますから、排卵日に濃厚な性行為を行うと男の子、排卵日2日前や排卵翌日の性行為ですと女の子の確率が高くなるといわれています。産み分けはどんな方法でも100%ではありませんから、男の子だったらいいなくらいの気持ちでチャレンジしてください。(産科看護師)
妊娠2カ月前からリンカル(リン酸カルシウム)を服用されることで、80から90%の確率で産み分けができるというデータがありますが、100%成功するわけではないことをご承知おきください。(医師)
通常女性の膣内は排卵日が近づくとだんだんとアルカリ性に変化します。さらに性的興奮でよりアルカリ性になります。そのため排卵日に性交し、さらに性的興奮を得ながら性交ができれば男の子になる可能性があがるといわれています。(内科医師)
経験的に得られた方法として、女性がリン酸カルシウムを毎日摂取する方法や、男性が性交前にコーヒーを飲む、陰嚢を温めるとY染色体を持つ精子が弱るので男性は通気性のよい下着を使うといった方法もあります。(内科医師)

病院へ行っても病院へ行かなくても、産み分けをしたい場合の基本的な考え方自体はあまり変わりません。ただし、いずれの方法でもあくまでも確率を上げるだけ。100%成功する方法はないと理解しておくほうがよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加