高齢出産

2人目が欲しい…40歳で自然妊娠できる確率は?

女性が第1子を出生する年齢は、かつて20代が多数だったのに対し近年では30代~40代が増加しています。30代で第1子を出産し、40歳で2人目が欲しいと考えるママに対し、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「40歳で妊娠できる確率は?」

現在40歳、子どもは1歳8カ月です。最初の子どもは妊娠7ヶ月で死産してしまい、次の子ができるまで6年空きました。子どもをつくると意気込んでいたわけでもなくできたので少し驚きましたが、特にトラブルもなく産まれてきてくれました。子どもはやはり1人より2人いたほうがよいと思い、そろそろ次の子をと考えていますが、年齢的に授かることのできる確率を知りたいです。(40代・女性)

年齢が上がるほど自然妊娠の確率は低下する

40代で妊娠・出産に至る確率は、年齢が上がるほどに低くなります。2人目ならやや確率が上がる可能性はありますが、40代の妊娠は様々なリスクを抱えるため、早めにタイミングを図るとよいでしょう。

不妊治療を行っても、40歳で妊娠・出産に至る確率は10%をきるというデータが日本生殖医学会から公表されています。年齢が上がるほど様々なリスクが高まるため、自然に妊娠・出産できる確率は加速度的に低くなります。(医師)
自然妊娠の確率は、40代前半で約10% 、40代後半で5%まで低下しますが、2人目ならこれよりも高い確率で妊娠できる可能性があります。しかし40代の妊娠は、流産や早産の危険性が高まる、妊娠高血圧症候群などの合併症を併発しやすい、ダウン症などの障害児のリスクが高まる、年齢を重ねると育児で疲れやすいことなどから、できるだけ早めにタイミングを図ったほうがよいです。(婦人科看護師)

2人目を希望するなら、早めに産婦人科を受診することがおすすめ

2人目を真剣に希望するなら、年齢的にも自然妊娠を待つのではなく、産婦人科を受診して診断や指導、検査を受けることがおすすめです。また妊娠しやすい身体づくりやタイミングの図り方も参考に。

夫婦で、2人目の子どもを本当に希望しているのか話し合うことが必要でしょう。1人目の子どもを自然に妊娠したとはいっても、6年と時間がかかっています。2人目を真剣に希望するなら、自然にまかせるのでなく早い段階で産婦人科を受診し、診断や指導を受けることをおすすめします。(医師)
2人目をと希望するなら、病院を受診して自然妊娠が可能か検査をしてみてください。また、妊娠しやすい身体をつくるためには、バランスのとれた食事を心がけること、適度な運動で血行をよくし身体を冷やさないようにすることがポイントです。基礎体温を測って排卵日を特定すると、タイミングが図りやすくなります。(婦人科看護師)

40代で自然に妊娠する確率は、年齢が上がるほどに低くなるそうです。また子どもを授かったとしても、妊娠中や産後に様々なリスクが高まりやすい年代なので、真剣に2人目を希望するなら、早めに産婦人科を受診して診断や指導、検査を受けることも一案です。


2016/04/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)