肌トラブル

2016/04/29

荒れや腫れを繰り返す唇、皮膚科を受診すべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

荒れや腫れを繰り返す唇、皮膚科を受診すべき?

身体に何らかの異常が現れた場合、原因が分からないと不安になってしまうものです。繰り返す唇の荒れの原因がわからず、何らかの病気の影響ではと心配なママからの相談に看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「唇の荒れる原因がわからず気になっています。皮膚科を受診すべきでしょうか」

最近、唇が年中荒れています。秋の子どもの運動会で日焼けをしたせいかなと思い、UVカット入りのリップクリームをつけていましたが、冬に入ってからは唇が腫れてはひいてを繰り返しています。はちみつやワセリンを塗ると数日して症状は治まります。荒れの原因が乾燥なのか、口紅のアレルギーなのか、あるいは何かの病気なのではないかと気になっていますが、皮膚科を受診した方がいいのでしょうか。(30代・女性)

唇の荒れには、様々な原因が

唇の荒れる様々な原因について教えてくれました。

唇は表面の皮膚が薄いため、乾燥や紫外線などのダメージを受けやすい部分です。腫れ以外に水泡や痛み、かゆみがあれば帯状疱疹を疑いますが、腫れるだけでしたら、紫外線などの外部からの刺激、食べ物が付着したことでのアレルギー反応が原因として考えられます。唇をかむ癖があれば、それも原因になります。(呼吸器科看護師)
唇が荒れ始めたのはUVカット入りのリップクリームを塗り始めてからでしょうか。UVカットの成分が合わずに腫れてしまった可能性も考えられます。また頻繁に塗りすぎるのも逆効果です。接触性皮膚炎はリップクリームや口紅が原因となって、唇が荒れてしまいます。(一般内科看護師)

対策しても改善しなければ、皮膚科の受診を

唇の荒れの原因別に対処法を教えてくれました。対処しても改善されない場合や、気になる場合は皮膚科の受診をご検討ください。

対策として、食事のあとは柔らかいガーゼなどで丁寧に口周りの汚れを落としてから、ワセリンを塗ってください。食べ物では、果物や甲殻類、山芋や里芋でも唇が腫れる場合もあるので、これらを食べた後は注意してください。(呼吸器科看護師)
布団をかぶって寝る習慣があれば、顔まで布団をかけるのは避けてください。リップクリームは、香料や色素の入ったものでなく、ワセリンの入った低刺激のものがいいでしょう。気になるようでしたら、皮膚科を受診してください。(呼吸器科看護師)
UVカット入りのリップクリームを使い始めてから荒れ始めたのであれば、使用を中止してワセリンを塗るといいでしょう。医薬品として販売されているリップクリームを使用するのもひとつの方法です。(一般内科看護師)
秋から冬にかけては空気も乾燥して、肌や唇も乾燥気味になります。レバーや納豆、卵などビタミンB2を含んだ食品を摂取して粘膜の保護に努めましょう。栄養のバランスが悪い場合も唇が荒れる原因になります。ワセリンなどで症状が改善されなかったり、ひどくなるようなら皮膚科受診をおすすめします。(一般内科看護師)

唇の荒れの原因には、乾燥、外部からの刺激、アレルギー反応などがあります。ワセリンや医薬品のリップクリームなどを利用した対処を行っても改善されない場合は、皮膚科の受診をご検討ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加