話題・時事ネタ

ネットで最強の「弱者」、数の力で「ごり押し」は怖い。中川淳一郎氏

「保育園落ちた」後の動きの意味するもの

朝日新聞が運営するwithnewsは4月15日、「保育園落ちた 日本死ね!!!」ブログとその後のムーブメントに関して中川淳一郎氏に行ったインタビュー記事を発表しました。

中川淳一郎さんはネットニュース編集者であり、PRプランナーでもあるフリーライターです。

数の力でごり押しは「怖い」

インタビュー記事のタイトルは「保育園ブログ『数の力で要望。その風潮、怖いっす』」。

インタビューの中で中川氏は「仲間を募って、数の力で要望を押し通そうとする」「ネットの方が完全に言論の不自由」「マスコミが騒がなかったら、多くの人は知らなかった」などと自説を展開しています。

ツイッター上の反応は・・・

Karabutsu(@karabutsu)さんは「一方的になってしまうのはまずいね」と中川氏の意見に同意。

ササキタイキ/Taiki Sasaki(@taikisasaki)さんは記事中に紹介されているマスコミの「ネットリテラシーの低さ」に笑いを禁じ得ない模様。

一方、radio_hidetaro日本あ~あ党(@Hidetaro_Tosj)さんは「庶民に『数の力』以外に何がある?」と中川氏に反論。

加藤瑞穂(@katomizuho)さんはネットの情報で記事をつくるマスコミの姿勢を批判しています。

参考サイト

保育園ブログ「数の力で要望。その風潮、怖いっす」中川淳一郎さん


2016/04/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部