フォローアップミルク

フォローアップミルクを飲まない9ヶ月の娘、このままでは鉄分不足が心配?!

これまで母乳やミルクを飲んでいた赤ちゃんですが、10カ月頃になり離乳食が進んでくると「そろそろフォローアップミルクに切り替えましょうね」と、病院の健診などで言われるママも少なくないのではないでしょうか。フォローアップミルクは、赤ちゃんの鉄分不足を補うためにも必要と言われますが、必ず与えないといけないもの?と、お悩みのママの疑問に、看護師さんが答えて下さいました。

ママからの相談:「9カ月の娘がいますが『そろそろフォローアップミルクを飲ませて』と病院から言われましたが…。」

9カ月の赤ちゃんを病院に連れて行った際「そろそろフォローアップミルクに切り替えましょうね」と言われたママですが、フォローアップミルクを飲ませてみたところ、赤ちゃんが拒否して困っているようです。 このままでは子供が鉄分不足になってしまうのでは?と、ママは悩んでいますが、実際はどうなのでしょうか?

現在9カ月の娘がいますが、病院から「そろそろフォローアップミルクが必要なので、飲ませて下さい」と言われました。それでフォローアップミルクを買って飲ませてみたのですが、一口飲んだ後は、嫌がって全く飲んでくれません。母乳大好きっ子で、それ自体は嬉しいことなのですが、母乳だけでは鉄分不足だ、と言われると悩んでしまいます。 既に食べ物の好き嫌いがあり、離乳食はあまり進んでいませhんし、うんちをみると全然消化されずに出てきているので、離乳食で必要な栄養が補えているとも思いません。フォローアップミルクが飲めないとやはり問題が出てくるのでしょうか。

フォローアップミルクは必ずしも必要というわけではありません。

厚生労働省では「離乳食が順調に進まず、鉄分不足のリスクが高い場合など」に、フォローアップミルクを飲むように推奨していますが、必ずというわけではないようですね。離乳食が順調に進んでいれば、フォローアップミルクは必要がないこともありますが、離乳食や母乳だけでは、鉄分不足が心配だという場合は、赤ちゃんが摂取しやすい形でフォローアップミルクを与えるといいでしょう。

10カ月頃からフォローアップミルクを勧められる理由ですが、離乳食が進んでいく上に今までと同じようにミルクを飲んでいると、栄養過多になってしまうことがあるからです。(看護師)
母乳のみでは赤ちゃんの鉄分不足が心配ですが、ひじきや小松菜など、鉄分を多く含む離乳食を、赤ちゃんがスムーズに食べてくれているのであれば、あえてフォローアップミルクを飲ませる必要はないでしょう。(看護師)
そのまま飲んでくれないのであれば、シチューやクッキーなどを作る際に、フォローアップミルクを牛乳代わりとして利用されてみてはどうでしょうか?(看護師)
鉄分は、ほうれん草やひじきといった食材以外は、離乳食では摂取させにくいですよね。フォローアップミルクを飲む以外に、鉄分不足を補う方法として、市販のベビーフードで鉄分を多く含むものを試してみてはいかがでしょうか?(看護師)

離乳食で必要な鉄分を摂取させるのはとても大変ですので、フォローアップミルクを飲んでくれないと、ママが心配になる気持ちはよく分かります。ですがこの先、赤ちゃんの離乳食もだんだんと食べる量が増えてくるはずですので、あまり神経質にならなくてもいいのではないでしょうか。

看護師さんのアドバイスのように、お料理にフォローアップミルクを利用してみるのも良さそうですので、一度試してみて下さいね!


2014/07/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)