話題・時事ネタ

千葉大生、家庭にインターンで「子育て」を学ぶプログラムを発表!

学生と家庭を結ぶ新しい形のインターン

千葉大学教育学部は、子育て家庭にインターン体験するプログラムを2016年度前期に実施すると発表しました。「仕事と子育ての両立」における現状を学ぶことで学校現場でのキャリア教育の意義や編成のあり方を考えるといい、男性15名、女性19名の計34名が参加する予定です。

これは、「仕事と子育てを学びたい」学生と「子育てをサポートして欲しい家庭」を繋げる「ワーク&ライフ・インターン」という新しい形のインターンシッププログラムスリール株式会社と協働して行う講義です。

子育てを通じて「キャリア」を学ぶ

プログラム内容は講義のほか、共働きで子育てをしている家庭を訪問して子どもと直接触れ合ったり、親へのインタビューをしたりする「子育て体験実習」があります。育児休業を活用した社会人や教育関係者をゲストによる講義も予定されているそうです。

本来「キャリア」という言葉は「生き方」という意味合いを持っていますが、現在学校現場で実施されているキャリア教育は職業・勤労(ワーク)の面についての指導が中心。同プログラムを通じて「結婚・妊娠・出産・子育て」を自ら体感し、学生たちは「ワーク」と「ライフ」という両面からキャリア教育のあり方を考えていくといいます。

学生たちに有意義な授業になることはもちろん、インターンの受入をする家庭にとっても、育児のサポーターが増える心強いプログラムになりそうですね。

参考サイト

国立大学法人千葉大学 プレスリリース


2016/05/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部