子供のお世話・トラブル

2016/04/28

子どもの死因第1位・「不慮の事故」を事例から学ぶ

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

子どもの死因第1位・「不慮の事故」を事例から学ぶ

家庭内事故は、色々な形で起こっており、結果子どもが亡くなるケースも少なくありません。
日本では、成人の死亡原因1位はがんですが、子どもの死因の第1位は、「不慮の事故」です。
平成25年の国民生活センターの発表によると、12歳以下の事故情報 7997件のうち、
発生場所が「家庭内」である事例は5390件と約7割を占めています。
どのような事例があるのでしょうか。みてみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加