女性の身体

「愛」の表現が「怒り」ですって!?

「怒り」は人間としての自然な感情でありながら、うまくコントロールできないと
他人や自分を傷つけてしまいかねない危険性をはらんでいます。
貞子さん(40代/仮名)の事例を通して、アンガー・マネジメント(怒りのコントロール)
への取り組み方について説明していきます。

怒りに振り回されて夫を攻撃

貞子さんの怒りが激しく向いたのは、かつての夫に対してでした。
怒りという感情が出ると、それを自分で受け止めることができなかった貞子さんは、
怒りに突き動かされて夫を攻撃しました。
怒りという感情自体が持つエネルギーに振り回されていたのです。
些細なことでも、また夫に原因がないことでも、生じた怒りが夫に向くことも珍しくありませんでした。

怒りと家族関係 :家族をなくしたことで訪れた平穏と空虚感

年の離れた夫は、何とか貞子さんを理解し、受け止めようとしてくれました。
しかし、いま思えばとても無理だったと思う、と貞子さんは言います。
当時の彼女は、ひたすらに怒りのエネルギーを発散させ、怒り疲れるまで
怒り続けることでしか感情を静めることができませんでした。
後になってそれがわかったと言う貞子さん。
結局、結婚生活は破綻し、夫も子供も失いました。
でも、どこかほっとした部分もあったそうです。
貞子さん自身も、そのうち自分の怒りが子供に向くのではないかと恐れていて、
実際にそうなりかけた経験があったからです。
同時に、その時から、自分の中から何かがスッポリと
抜け落ちてしまった感じがするとも言っています。

家族に対して投げつける激しい感情

会社や友人などの外部の人間関係と比べて、家族は感情を共有することが多く、
濃い人間関係を形成します。
だからこそ、感情は家族に向きやすいのです。
感情という「球」を相手に投げて、相手に受け取ってもらうことで安心し、
感情の調整が進むのは良いことです。
しかし、相手はどうでしょう?
 生の感情という激しく強い球が投げ込まれるほうはたまりません。

怒りでは伝わらない気持ち

その乱暴な投球は、「わかってほしい」という貞子さんの気持ちの現れだったのかもしれません。
夫も基本的には「わかってあげたい」という気持ちで受けとめてくれていたことでしょう。
しかし、いつも剛速球を受けとめられるとは限りません。
時に貞子さんは、相手がミットを構えられないタイミングをわざと狙って
球を投げ込むという嫌がらせをしたこともありました。
ここまでくると、「私が苦しんでいる、だからあなたも苦しめ」という八つ当たりでしかありません。

感情の調整には練習が必要

感情の調整が極端に下手な人は、自分はもちろん家族も疲れさせます。
かといって、「家族間では感情の球を投げない」とすると会話が成立しません。
また、感情の球の投げ方の練習もできないし、それをキャッチするための心の筋肉もつきません。
夏目漱石の『草枕』の有名な書き出し、
「智に働けば角が立つ。 情に棹させば流される。 意地を通せば窮屈だ。
兎角にこの世は住みにくい」
が思い起こされるところです。

怒りの矛先を失うことでできた隙間

怒りが厄介なのは、本当は「わかってほしい」と思っている家族に向けられやすいことです。
まるで、家族にチキンレースを強要しているかのように、
大切なはずの家族を攻撃してしまうのです。
貞子さんは、家族と別れ、怒りの向けどころを失ったことで、
心に「隙間」ができたと言います。
結果として、怒りで埋め尽くされた自分から少し離れることになり、
その時から怒りに突き動かされる行動への対処能力が向上していきました。
後に、その隙間は別の感情に満たされていくことになります。
貞子さんは、そのために必要な隙間だったと考えるようになりました。
(この事例は複数の実例を基に構成しています。
また、プライバシー保護のため一部を脚色しています)

<取材協力・監修プロフィール>
玉井 仁(たまい・ひとし)
東京メンタルヘルス・カウンセリングセンター カウンセリング部長。
臨床心理士、精神保健福祉士、上級プロフェッショナル心理カウンセラー。
著書に『著書:わかりやすい認知療法』(翻訳)など

【関連記事】
どうやって身に着ける? 怒りをコントロールする方法
怒りをコントロール する方法 「その怒りは妥当?」
人間の 怒りと血液 には関係が!?

2016/05/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部