切迫流産

2016/05/07

切迫流産で安静にしても続く出血…赤ちゃんへの影響は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

切迫流産で安静にしても続く出血…赤ちゃんへの影響は?

妊娠初期は、新しい命が宿った嬉しさとともに、体調の変化が気になる時期でもあります。妊娠8週目で切迫流産との診断を受けた妊婦さんに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

妊婦さんからの相談:「切迫流産で続く出血、赤ちゃんは大丈夫?」

現在妊娠8週目です。先週突然出血があり、すぐに病院に行くと、切迫流産と診断されました。治療方法はないし赤ちゃんの心臓はしっかりと動いているので、安静にすることしかできませんと言われました。それから安静にしていますが、まだ出血は続いている状態です。お腹の中がどうなっているのかわからず不安です。出血が続いている状態でも赤ちゃんはちゃんと成長できているのでしょうか。発育に問題はないのでしょうか。(30代・女性)

切迫流産でも、赤ちゃんの心拍が確認できていれば大丈夫

切迫流産でも、安静にしていれば妊娠を継続できます。但し赤ちゃん側に問題がある場合は、安静にしても流産の確率が高くなることも。痛みや継続する出血があれば病院へ連絡してください。赤ちゃんの心拍が確認できていれば成長していると言えます。

妊娠22週目までの間に妊娠が終了することを流産といいます。切迫流産は流産の一歩手前の状態です 。症状は腹痛と出血で、絶対安静が強いられます。安静にすることで妊娠を継続でき、無事に出産をすることも可能です。但し妊娠12週目までに起こる流産は、染色体異常など赤ちゃんに何らかの問題があるとされており、その場合は母体がどんなに安静にしても流産する確率が高くなります。赤ちゃんの染色体異常による流産は、妊娠8~10週目までに起こることがほとんどです。(一般内科看護師)
少量の出血で薄い色なら安静にすることで改善されますが、お腹の痛みがある、塊が出る、出血量が増える、少量でもだらだらと出血が続くようなら、病院に連絡したほうがよいです。(産科看護師)
赤ちゃんの心拍がきちんと確認できれば成長している証拠です。医師の指示に従って安静を保っていれば、妊娠を継続することができ、元気な赤ちゃんを出産することもできます。(一般内科看護師)

できるだけ横になって安静に過ごせる工夫を、リラックスも大切

工夫をして安静に過ごしましょう。不安でしょうが今は赤ちゃんを信じ、リラックスして生活を。

自宅で安静にと言われたなら、手元に携帯やリモコン、飲み物や軽くつまめる物を用意し、トイレ以外の行動は控え、身体を冷やさないようにし、できるだけ横になって過ごしてください。自宅での安静ができないようなら、入院させてもらってもよいでしょう。不安な気持ちもあるでしょうがストレスもよくないので、今は赤ちゃんを信じ、リラックスして過ごしてください。(産科看護師)

切迫流産では一般的に、安静を保つことで妊娠を継続し出産することができますが、赤ちゃん側が原因の場合、流産の確率が高くなるそうです。心拍が確認できれば赤ちゃんは成長しているので、今は安静を継続し、リラックスして過ごせるとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加