一人歩き

2016/05/08

1歳2カ月でまだ歩かない、無理にでも歩かせるべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

1歳2カ月でまだ歩かない、無理にでも歩かせるべき?

子どもが順調に成長しているかは、ママにとって大きな気がかりの一つです。他の子と比べて歩き出しが遅い我が子を不安に感じているママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「自分から立ったり歩いたりしない子どもに、発達の遅れがあるのではと心配です」

1歳2カ月の子どもは、机や壁など何かにつかまらせると立っていますが、自分からはつかまり立ちしようとしません。ハイハイで移動するほうが楽しいのか、すぐに尻もちをついてハイハイで動き回ろうとします。同じくらいの月齢でも1人で歩き出している子もいるので 、無理にでもつかまり立ちや歩く練習をさせたほうがよいのでしょうか。寝返りをする時期も遅かったので、発達の遅れがあるのではないかと不安に感じています。(20代・女性)

もう少し見守って

子どもの成長には個人差があるので、検診で発達について何も指摘されていなければ、もう少し成長を見守るようアドバイスしてくれました。

検診のときに、発達について指摘されていないのであれば、もう少しお子さんの成長を待ってください。どうしても同じ年頃の子と比べてしまい、焦ったり不安になるかもしれませんが、子どもの成長はそれぞれです。(産科・婦人科看護師)
赤ちゃんの成長には個人差があり、全ての赤ちゃんが育児書に書かれている通りに成長していくわけではありません。10カ月頃からつたい歩きが始まるのが一般的ですが、1歳や1歳6カ月になってから始める赤ちゃんも中にはいます。1歳6か月を過ぎて歩き始める赤ちゃんもいるので無理に歩行練習させる必要はないと考えます。(健康管理科看護師)
現在までに受けた乳児健診で何も指摘されていなければ、あまり心配する必要はありませんが、どうしても気になる場合は次回の乳児検診や保健センター、小児科などで相談するのもよいと考えます。両足に特別な異常がなく、体重なども標準なら赤ちゃんのペースに合わせて見守ってあげるようにしてください。(健康管理科看護師)

遊びながら、立つことに興味を持たせてみて

立って歩くために必要なことや、子ども本人が立つことに興味を持つようにする方法を教えてくれました。

つかまり立ちして歩くには、手や足の筋肉や背筋や腹筋が発達していなければできませんし、お子さん本人に立ちあがろうという意思がなければできません。お子さんが立つことに興味がもてるよう、お母さんが両脇を支えて立たせ、歌を歌いながら、身体でリズムをとらせたり、身体を上下に動かさせて、遊びながら立つ練習をしてください。(産科・婦人科看護師)
立ち上がりやすいよう、なるべく椅子に座らせるのもいいですし、お子さんがつかまりやすいように、テーブルなどの家具は低い物にして床にスポンジのマットを敷くなど、転んでも怪我しないようにしてください。無理に行うと、立つこと、歩くことに恐怖を感じますから、嫌がるときは無理しないこと、遊びのひとつと考えて行ってみてください。(産科・婦人科看護師)

子どもの成長には個人差があるので、検診で何も指摘されていなければ、もう少し成長を見守ってください。立って歩くためには本人の立ちたいという意思が必要です。遊びながら、立つことへの興味を引き出してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加