鼻水

子どもが鼻吸い器を嫌がる!簡単に吸引する方法とは?

風邪などで子どもが鼻水を垂らすことはよくあります。とはいえ、時間が経つと粘度が増してきて、鼻を詰まらせて苦しそうだったり、ミルクの飲みが悪くなったり、また喉や耳にまで影響が出てくるので、心配ですね。とくに赤ちゃんは、鼻の粘膜がデリケートですし、鼻水が出ても鼻をかむことができません。そこで、ガーゼや綿棒などで取っている方も多いでしょう。
もし、熱が出ているなど鼻水以外の症状が出ている場合は小児科など病院を受診したほうがよいですが、鼻水が出ているだけで元気があるならば、鼻水吸引器を使用してみましょう。ただ、鼻水吸引器の使い方がわからず躊躇してしまうと、子どもに恐怖心を与えてしまう可能性があります。どうしたら効果的に使えるでしょうか。今回は、鼻水吸引器の効果的な使い方や鼻水の症状があるときの対処法をご紹介します。

鼻水を放置した場合のリスク

まずは、鼻水をしっかり観察しましょう。鼻水の状態で病気の症状がわかります。たとえば、透明でサラサラの水っぽい鼻水は、風邪の引き始めにみられます。また、粘り気のある薄黄色い鼻水は、鼻水が出始めてから数日経った頃や、慢性副鼻腔炎の疑いがあるときなどにみられます。
鼻水が出ても放置して数日が経つと、ネバネバした鼻水になります。また、鼻の奥からのどにむかって鼻水が流れてしまうことが増えます。これを「後鼻漏(こうびろう)」といい、子どもの中耳炎の大きな原因になります。中耳炎になってはかわいそうですから、早めに鼻水を取っておくことが大事です。

上手に鼻水吸い取り器を活用してみて

子どもは、鼻をいじられることは気持ち悪いので嫌がります。説明してもわからないうちは、頭をしっかり固定することが大切です。頭が動いてしまうとノズルの位置が安定しないので、鼻を傷つけてしまう恐れがあります。
やり方としては、小さい子どもは横向きに抱っこした体勢で、片方の手で頭を支えもう一方で吸引するのがよいでしょう。赤ちゃんの場合、床に座って膝や太ももの内側で頭を抑えて、上からのぞき込んで吸うと鼻水を吸引できます。暴れる場合は、両手足も押さえたほうがよさそうです。

鼻吸い器への抵抗を和らげる方法

恐怖心を起こさせないためにも、遊びのような感覚やスキンシップの延長で行えるとよいでしょう。お母さんが自分で試して「楽になるのよ」と子どもに見せるのもよいですね。
鼻の中は、細く曲がりくねっていますので、ノズルの先を鼻水の溜まっているポイントへ向ける必要があります。粘膜を吸引すると傷がついたり腫れたりして、余計鼻がつまってしまうことがあるので、粘膜を吸引しないように注意しましょう。
かつては、親が子どもの鼻に直接口を当てて、直接吸い出す方法などが行われていました。しかし、この方法は親の口に付着した菌を子どもに移すことになったり、親も雑菌のかたまりである子どもの鼻水を吸って感染してしまったりする可能性がありますのでやめましょう。

鼻吸い器の種類

鼻吸い器は、生後すぐから鼻がかめるようになる頃まで使うことができます。いろいろなタイプの商品がありますが、どれも使い方は難しくありません。鼻吸い器を使う際は、鼻水を一気に吸い取ろうとせず、6割から7割程度の吸引力で使用して、こまめに行うことを心がけましょう。耳への負担も少なくなります。
鼻吸い器には、口で吸い取るタイプと電動で吸い取るタイプがあります。


〇口で吸い取るタイプ
口で吸い取る鼻吸い器は、鼻に入れる部分と吸い口がチューブでつながっています。吸い取った鼻水はボトルに溜まるようになっていて、親の口に入ったりしないので大丈夫です。
パーツを細かく分解できるので、洗浄がしやすい点や、コンパクトで持ち運びにも便利な点がメリットです。さらに値段もお手頃です。
また鼻水が出たとき、毎回すぐに頻繁に使うことができるので、鼻が綺麗な状態を保ちやすく親としては気が楽です。

〇電動で吸い取るタイプ
手動に比べて吸引力が強く、頑固な鼻水も吸い取ることができます。ただし、吸引力が一定で、強さの調節ができません。鼻の中で角度を変えながら吸引していくと、鼻水が出てくるポイントを見つけることができるでしょう。

鼻を温める方法もあり

<理由>

鼻を温めると鼻孔がひろがって、粘膜の血液の流れがよくなり、鼻の流れが一時的によくなるので、症状が緩和されます。

<方法>

鼻を温めるときは次の方法で行ってみましょう。


(1)タオルを水に濡らして絞り、ラップなどに包みます。
(2)1分ほどレンジで加熱します。
(3)蒸しタオルができるので、鼻全体を覆います。

熱いお湯にタオルをつけて絞ってもできます。火傷に注意しながら行いましょう。

子どもに日頃から鼻をかむ練習をさせる

鼻風邪を引いて鼻水が溜まっている感じがあると、鼻をかませたくなります。鼻水が溜まって鼻づまりを起こすと、口呼吸をすることになり、喉が乾燥して痛む原因にもなります。けれども、子どもは急に鼻をかむことはできません。そこで、鼻をかむ練習をさせましょう。鼻は片方ずつかむことが大事です。両方一気に力を入れて鼻をかむと、中耳炎の原因などにもなりかねません。片方ずつの方法を覚えましょう。早ければ2歳前後でもできようになるでしょう。具体的な練習方法を説明します。

<練習方法>

まず、毛糸やティッシュなどの切れ端を鼻の前に垂らし、口を閉じて鼻の息で動かす練習をしてみましょう。それができたら、片方の鼻の穴を軽く押さえて、空いている鼻の息で垂らしたものが動かせるように練習します。鼻から息が出る感覚を覚えたら、鼻に何も症状がないときに鼻かみの練習をしてみましょう。遊びの中に取り入れるのもよいですね。
実際の鼻かみの場面では、一気に鼻水を出させず、こまめに鼻をかませましょう。残っているようならば、吸引器などで吸ってください。

鼻が通りやすくなる環境作り

空気が乾燥する冬場などは、部屋を加湿器などで加湿すると、詰まった鼻水などが柔らかくなり取りやすくなります。部屋の温度は22℃程度、湿度は50~60%程度にしましょう。
また、お風呂上りに鼻水を取るのもおすすめです。
鼻やのどが乾燥しているとウィルスが増殖しやすくなります。水分補給をこまめに行うほか、飴をなめたりマスクをしたりするなどして乾燥を防ぎましょう。

執筆者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ社設立。医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。

監修者:株式会社 とらうべ
助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの医療職や専門家が在籍し、医師とも提携。医療や健康、妊娠・出産・育児や女性の身体についての記事執筆や、医療監修によって情報の信頼性を確認・検証するサービスを提供。

2018/12/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

保健・衛生・妊娠・育児コンサルタント株式会社とらうべ