話題・時事ネタ

2016/05/06

1グラム単位で計量できる授乳量機能付ベビースケールで母乳育児をサポート

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

1グラム単位で計量できる授乳量機能付ベビースケールで母乳育児をサポート

母乳育児のメリットと課題

厚生労働省が平成17年度に行った「乳幼児栄養調査」では、母乳育児を望む妊婦は96%に達しています。

母乳は消化吸収が良いことは当然ですが、母乳栄養児の感染症リスクを軽減することに加えて、糖尿病の発症や肥満リスクを軽減するという研究報告もされています。授乳が産後の母体回復に効果的とも言われます。

その一方で、母乳育児は授乳量がわかりにくいため、母乳は足りているかしらと不安におちいりがちです。赤ちゃんの体重を授乳前後に測定して授乳量を確認しようにも、最小単位が5グラムまでしかない市販の家庭用ベビースケールは十分ではありませんでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加