離乳食

現在1歳半、いつまで薄味の幼児食を与えればいい?

赤ちゃんは生後半年ほどから離乳食を始めて、少しずつ色々なものを食べられるようになっていきます。1歳の子どもの食事についての相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「断乳した1歳半の子どもの食事は、大人と同じで大丈夫でしょうか」

離乳食が順調に進んだため1歳1カ月のときに断乳をして、完全に食事のみに切り替えました。味噌汁などは少しお湯で薄めて与えています。1歳を過ぎたら大人と同じご飯にしている友人が多いのですが、1歳半頃までは大人のご飯より薄味だったり、小さくした幼児食がいいと本で見ました。現在1歳半になったので、大人と同じご飯でもいいのでしょうか、大人も薄味にして合わせた方がいいでしょうか。(30代・女性)

濃い味のものは控えて

1歳を過ぎたら大人と同じ味付けで大丈夫ですが、塩分や脂肪分などが多い食事は避けるようにしましょう。

1歳を過ぎたら大人と同じような味付けでもいいのですが、まだ消化機能が未熟ですから、何でも大人と同じ濃い味付けや塩辛いものや甘いもの、脂っこいものばかりだと消化不良を起こして下痢したり、高血圧や糖尿病など大人と同じ疾患になる場合もあります。食事以外にもスナック菓子や炭酸飲料、ジャンクフードなどは子どもが大好きなものですが、多くの脂肪分や糖分を含んでいるのでなるべく控えるようにしてください。(消化器科看護師)
味付けはできれば2、3歳頃までは薄味が理想ですが、離乳食が完了した時点で大人と同じ食事を与えている家庭もあります。辛い物や刺激物は内臓が弱い幼児では消化不良の原因になるので、なるべく与えないようにしましょう。インスタント食品は塩分や添加物がたくさん含まれているので、あまり与えないようにしてください。そのほかアレルギー持ちの子どもなら、食品に含まれている成分に注意する必要があります。(一般内科看護師)

大人も薄味の食事にしてみて

大人も薄味に合わせれば、食事の支度の手間が省け、健康的であるとアドバイスがありました。

濃い味の食事は、時々食べる分にはかまいませんが、できればなるべく薄味がいいですし、大人もそれに合わせた薄味にすれば、肥満や成人病予防になってよりよいと考えます。最初から薄味で料理すれば、お子さんの分だけ別の味付けにする必要はありませんし、家族そろって同じものが食べられて、お母さんの負担も軽くなるでしょう。(消化器科看護師)
1歳半では歯も生えてきて、離乳食も完了期になり幼児食期ですね。大人と同じような食事をすることもできますが、子どもには噛みづらい食材もあるので細かく切るなど食べやすい大きさにしてあげましょう。別々に作るのが面倒なら大人も薄味にすれば塩分を控えた食事で家族皆、健康になれますね。カレーは子ども用のルーを用いたり、キムチなどは香辛料を水で洗い流せば辛さも抑えられます。(一般内科看護師)

1歳を過ぎれば大人と同じ味付けでも大丈夫ですが、味の濃いものや脂肪の多いものは控えましょう。大人の食事も薄味で作るようにすれば、家族みんなで同じ食事ができる上に健康維持にも繋がります。


2016/05/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)