子育てへの不安

予期せぬ妊娠…ちゃんとした母親になれるか不安

「いつかは赤ちゃんがほしい」と思い描いていても、思いがけないタイミングでの妊娠は、戸惑いや不安でいっぱいでしょう。そんな状況にあるプレママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

プレママからの相談:「予期せぬ妊娠、母親になる実感が湧きません」

予期せぬ妊娠に戸惑っています。妊娠しやすい時期に行為を行ってしまい、検査薬で妊娠が判明したときは、戸惑いを隠せず不安で押しつぶされそうになりました。気づけばどんどん成長するお腹に、不安が募る一方です。現在妊娠6カ月、時折感じる胎動でこの子は生きているのだとわかるようになりましたが、母親になる実感が湧かず、ちゃんとした母親になれるのか不安です。みなさん、このように思うものでしょうか。(20代・女性)

最初から完璧なママはいない、子どもの成長とともにママも育つ

赤ちゃんが産まれてからママになったことを実感する人もいます。最初から完璧に育児をこなせる人はいません。毎日の育児を通して、赤ちゃんの成長とともにママも成長していくものです。

計画的な妊娠ではなかったために、不安や戸惑いがあるかと思います。望んだ妊娠でなかったとしても、産む決意をした時からがママのスタートです。最初から完璧に育児をこなせる人はいませんし、赤ちゃんと一緒に成長する気持ちで子育てをしてください。赤ちゃんが産まれて育児が上手くいかなくても、自分を責める必要はありません。子どもから教わることもあるので、ゆっくり子育てに取り組みましょう。(産科看護師)
妊娠した女性は誰でも同じような気持ちになります。なかには、赤ちゃんが産まれてからママになったことを実感する人もいます。また毎日の育児を通して徐々にママに近づいていけばよいのではないでしょうか。最初は育児初心者で、子どもの年齢とともにママも成長していくものです。(一般内科看護師)

気分転換をしながら、少しづつ赤ちゃんを迎える準備を

妊娠中は精神的に不安定になりやすいので、できるだけ気持ちを吐き出しましょう。また、気分転換をしたり、少しづつ赤ちゃんを迎える準備をするのもよいでしょう。自然妊娠できた健康な身体に感謝することも忘れずに。

妊娠中はホルモンの変化で、ナーバスになったり些細なことでイライラしたり、涙もろくなったりします。自分で抱え込まずに、周りの人達に気持ちを吐き出すようにしてください。体調のよい時は散歩をしたり妊婦体操を行って、気分転換しましょう。赤ちゃんの名前を考えたり、可愛い産着を準備したり、部屋を子ども用に模様替えしたりして、少しずつ出産の準備を始めてください。(産科看護師)
これから週数も進んでお腹も大きくなり、今より胎動を感じるようになります。時々、お腹の中にいる赤ちゃんに声をかけてあげて下さい。予期せぬ妊娠だったことも不安にさせている原因かもしれませんが、世の中には赤ちゃんを授かりたく、高額の費用を払い、不妊治療をしている人々がいることを忘れてはなりません。自分の身体は健康で、赤ちゃんが自然にできるということに感謝しましょう。(一般内科看護師)

最初から完璧なママはいません。毎日の育児を通して、子どもの成長と共にママも成長していくものだそうです。妊娠中は精神的にも不安定になりやすいので、気持ちを吐き出したり気分転換をしつつ、少しづつ赤ちゃんを迎える準備を始めていくとよいようです。


2016/05/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)