産後うつ

2016/05/14

産後うつ?出産後、触れられるのも嫌に

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後うつ?出産後、触れられるのも嫌に

「産後うつ」という言葉もありますが、出産後、ご主人との関係が変わってしまったというのはよく聞く話です。こんなときは、病院を受診して専門家に相談した方がよいのでしょうか。

ママからの相談:「産後の夫婦関係について」

出産後、機嫌がいいときと悪いときの差があまりにも激しく、夫のちょっとした言動にいらついてしまいます。スキンシップは大切にしたいと思っていますが、触れられるのも嫌になったりします。子どもの世話で疲れ果てているのに、夫の相手までと思うと憂鬱です。これは産後うつなのでしょうか。(20代・女性)

心の揺れの原因は?

妊娠中や出産後、女性の身体はホルモンバランスが大きく変化するとされています。出産後の心が揺れる原因はホルモンバランスと考えてよいのでしょうか。

妊娠中もですが、産後もホルモンの変化によって、抑うつ気分になる方もたくさんいます。育児の疲れやストレスもありますから、些細なことでイライラしたり、涙もろくなったりしても不思議ではありません。(産科看護師)
夫との関係の変化は、産後のホルモンのバランスの乱れが原因だと考えられます。おそらく出産を経験した多くの女性は質問者さんと同じような悩みを抱えていると思います。赤ちゃんも小さいため、赤ちゃんのことで精一杯でご主人の世話をする余裕もなくなっているのかもしれませんね。(看護師)
ホルモンバランスの乱れによることが原因なら、生理が始まり母乳育児が終了して赤ちゃんも大きくなれば、元の状態に戻ってくると思います。ご主人に現在の状況を話して、きちんと理解してもらうようにしましょう。(看護師)
産後は慣れない育児で気持ちが落ち込むことがあります。産後うつは心の病気なので早めの対応が必要になります。産後うつの症状として不眠や気うつ症状、気分が不安定などの症状などが挙げられます。出産した産婦人科で心療内科を紹介してもらったり、心理療法士のカウンセリングを受けるのもひとつの方法です。(看護師)

日常生活に取り入れたい改善策

気持ちの浮き沈み…中には、こころの病が原因の場合もあるようです。事態が深刻な場合は専門家に相談するとして、まずは日常生活の中で取り入れていきたい改善策を見てみましょう。

今までは気にならなかったご主人の態度が目につくことがあると思います。気に入らないことがあっても、怒る前にきちんと自分の気持ちを話して、イライラすることや疲れていることを理解してもらってください。ご主人が触れてきたら、性行為ではなくてただ癒してほしいと言葉にして伝えてみてください。(産科看護師)
女性は母性があるのに反し、男性はなかなか父親としての自覚がなく、育児に関して何をしたらよいのか戸惑うことがあります。育児は夫婦で行うものですから、一人で抱え込まず、ご主人に「こんなときはこうするの」「オムツはこうやって変えるの」と具体的に教えてあげて、育児に参加させてください。(産科看護師)
ご主人が抱っこする機会を増やしたり、「このへんがパパに似てるね」というと、父親としての自覚が目覚め、積極的に育児に参加するようになると思います。ご夫婦のことは、他人がとやかくいう必要はないと思いますが、参考になればと思います。(産科看護師)

家族が増えて環境が変わったのは、ご主人も同じ。家族は二人の協力あってのものです。二人で家族を作り上げていくことを考える前向きな機会として、まずは今の気持ちを素直に話しあってみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加