尾てい骨

なんとかならない?臨月頃からずっと尾てい骨が痛む

妊娠から出産と、女性の身体には大きな変化が起こります。出産後、半年以上も続いているという、尾てい骨の痛み。その原因はいったいなんなのでしょうか。なにかよい改善方法はあるのでしょうか。

ママからの相談:「産後も続く尾てい骨の痛み」

臨月の頃から出産後の今になっても、長時間座っているとお尻から尾てい骨にかけて痛みます。座る姿勢を変えてなんとかやり過ごしているのですが、半年以上この状態です。整体などには、まだ子どもが小さいためなかなか行けません。ストレッチなど、家で手軽にできる改善方法はないでしょうか。(20代・女性)

つらい痛みの原因はなに?

慣れない育児の疲れもたまっているのに、座っているとつらい。長引く尾てい骨の痛みの原因にはどんなことが考えられるのか、専門家にうかがってみました。

臨月から分娩時には骨盤が柔らかく開きやすくなり、赤ちゃんが産道を通りやすくなります。産後、リラキシンというホルモンの分泌によって子宮が急速に収縮され、骨盤も元の状態に戻ろうとするのですが、このときに骨盤周囲の筋肉が引っ張られて恥骨や尾骨 (尾てい骨)に痛みが生じる場合があります。(産科看護師)
産後や妊娠中に尾骨(尾てい骨)の痛みを訴える女性は比較的多くいらっしゃいます。尾骨(尾てい骨)は細く、周囲は筋肉も少ない部分です。そのため出産で歪んだ骨盤で育児や家事をすると尾骨(尾てい骨)に負担がかかってしまうのです。(看護師)
骨盤のゆがみや、尾骨(尾てい骨)周辺の筋肉の疲労は痛みの原因の一つです。(産科看護師)

痛みを改善する方法

尾骨(尾てい骨)の痛みは、出産を経験した女性にはよくあることのようです。そのつらい痛みを少しでも早く改善していくためによいとされる方法を、専門家に教えていただきました。

骨盤矯正のためにインターネットなどで紹介されている矯正体操やストレッチを行ってみてください。出産した産院でも指導してもらえます。また、整骨院などで矯正してもらう方法もあります。(産科看護師)
ストレッチは仰向けに寝た状態で両方の腕を上にあげます。両膝を立て、立てた両膝を左右に動かすようにします。仰向けが辛い時はうつ伏せなり片方の足を少し持ち上げます。持ち上げた足を反対側に5秒間クロスするようにします。反対側の足も同じように行います。(看護師)
ヨガや整体などは歪んだ骨盤を改善してくれる効果があり早目の回復が期待できます。ご主人が休みの日にお子さんの世話をお願いしたり、民間の育児サービスなどを利用して数時間、整体に通えばよいリフレッシュにもなりますね。(看護師)
尾骨(尾てい骨)周囲をマッサージする、ゆっくり湯船につかって血行をよくすることも痛みの解消に役立ちます。座るときは、尾骨(尾てい骨)に負担がかからないようにドーナッツクッションなどを利用してください。骨盤ベルトの使用も負担軽減につながります。(産科看護師)

骨盤矯正体操やストレッチのほか、血行をよくする、クッションや骨盤ベルトなどのグッズを利用するなど、さまざまな方法があるようです。日常生活の中に取り入れやすいものから試してみてはいかがでしょうか。


2016/05/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)