尿漏れ

いったいいつまで?出産から半年たっても続く尿漏れ

尿漏れは、出産を経験した多くのママたちが経験すること。そうはいっても、長引く尿漏れのためにナプキンなどを使い続けるのはつらいもの。尿漏れを少しでも早く解消する方法はあるのでしょうか。

ママからの相談:「頻繁な尿漏れの解消方法について」

産後6カ月を過ぎていますが、くしゃみとしたとき、赤ちゃんを抱っこした時、立った時、重いものを持った時など不意に尿漏れを起こすので、常に生理用ナプキンをつけています。友人は1~2カ月で自然と治ったそうですが、個人差はあっても時期が来たら自然と治るのでしょうか。(30代・女性)

時期が来たら自然に治る?

出産後1~2カ月で解消した友人と比べて、6カ月過ぎても尿漏れが続いているという相談者さん。尿漏れは、時期がくれば自然に治まるものなのでしょうか。

おっしゃるように個人差はありますが、訓練することで、より早く回復できると思います。産後1年以上を経過しても尿漏れが続くようでしたら、出産した病院か、泌尿器科を受診してください。(産科婦人科看護師)
産後に尿漏れを経験するママは多くいます。腹圧性尿失禁と言われ回復するまでには個人差があります。産褥体操など積極的に行った人は治りが早いようです。(看護師)

その原因と尿漏れ解消トレーニング

1年も続くようなら病院に相談してみるとして、それまでなら、訓練などをした方が尿漏れを早く解消できるようです。どんな訓練方法があるのか、尿漏れの原因や日常生活での注意もあわせてうかがってみました。

産後の尿漏れの原因は、子宮や膀胱、膣、尿道などを支えている骨盤底筋群が出産により緩んだためです。また、尿道や肛門など開閉に関係する括約筋も、妊娠中は子宮で圧迫されて緩んでいます。(看護師)
産後は骨盤のゆがみや、骨盤底筋、尿道括約筋の緩みによって、尿漏れを起こしやすくなります。骨盤矯正は産後半年を過ぎると難しくなってきますが、行っていないのでしたら、今からでも始め、骨盤ベルトも使用してください。(産科婦人科看護師)
日常生活では、肛門をきゅっと引き締める運動を数回、心がけて行ってください。立っている時でも座っている時でもできます。(産科婦人科看護師)
セルフトレーニングの方法としては排尿をするとき、尿が出ている途中で中断します。回数を繰り返すと尿が出なくなることがあるので1日1回のペースで試してください。また膣や肛門周囲の筋肉を持ち上げるようにして10秒間ほど引き締めます。この繰り返しを1分間行い10分間を目安に行ってください。(看護師)
便秘をすると長くいきむため、腹圧がかかって尿失禁が長引くことがあります。産後は便秘に悩まされがちですが、できるだけ便秘をしない食生活を心がけてください。(看護師)

尿漏れの原因は、骨盤のゆがみや骨盤底筋、尿道括約筋の緩み。周辺の筋肉を鍛えたり骨盤を矯正することが尿漏れの改善に効果的とのことです。毎日少しずつ、トレーニングを続けていくのがよいようです。


2016/05/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)