帝王切開の傷

2016/05/15

治療が必要?帝王切開後、もり上がった傷跡

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

治療が必要?帝王切開後、もり上がった傷跡

帝王切開後、傷を縫合したあとが残ってしまった。立派に母親となった名誉の傷ではありますが、これをなるべく目立たなくするためには、いったいどんな治療方法があるのでしょうか。

ママからの相談:「帝王切開の傷跡について」

6カ月前に帝王切開で出産しました。その1カ月後、傷の一部から縫合糸が出てきて化膿し、産婦人科で消毒と糸の切断の処置をしてもらいましたが、今もその部分だけ傷跡がもり上がっています。もともと傷がもりあがる体質なのですが、形成外科などで治療をした方がよいのでしょうか。(20代・女性)

体質によっても違う傷跡

もともと傷跡がもり上がりやすいという質問者さん。確かに、遺伝や体質によって傷跡がもりあがってしまう場合もあるようです。

皮膚の弱い方や体質によっては、手術の傷跡がみみず腫れのようになったり、ケロイド状になる場合があります。手術の後は、傷口にテープを張ったり軟膏でケアしていたと思いますが、縫合糸によって感染を起こしたためにさらに深い傷跡が残ってしまったのでしょうね。(産科看護師)
通常、3カ月で赤みなどは目立たなくなり、1年過ぎれば傷跡も目立たなくなります。傷が盛り上がっているということはケロイドでしょうか。ケロイドは遺伝や体質が関係していて、手術をした後に発覚することがあります。(看護師)

もり上がった傷の治療について

残ってしまった傷跡を改善していくには、なにかした方がよいのでしょうか。きれいに傷跡を消すということは、可能なのでしょうか。

ケロイド化した傷跡は特別な治療が必要になります。傷跡を目立たなくする内服薬を服用したり、ステロイドの注射や貼付テープ など塗布する方法もありますが、即効性を期待できるものではなく、長期間の治療が必要となります。授乳中の内服薬には注意点もあるので、医師の指示に従ってください。(看護師)
手術後の傷跡は、時間の経過で薄くなることはありますが、完全に消えることはありません。気になるようでしたら、形成外科で治療してもらってもよいと思います。二人目を希望し、次も帝王切開になる場合は、古い傷跡を取り除いてくれます。(産科看護師)
急いで治療をお考えでないならば、もう少し様子をみてもよいかと思います。ズボンなどが擦れて気になるようでしたら、ガーゼやテープで傷口を保護したり、緩めのズボンを履くようにしてください。(産科看護師)
傷跡がどうしても気になるという場合はレーザー治療である程度まで目立たなくすることも可能です。形成外科を受診して傷の状態に合わせてレーザーを照射していきます。他の治療法と同じで、長期間治療が必要になります。(看護師)

傷跡を完全になくすのはなかなか難しいようですが、本人の希望次第で薬での治療のほか、レーザー治療で目立たなくすることはできそうです。しばらく様子をみながら、検討してみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加