話題・時事ネタ

子育て世代に朗報!?PTAのスリム化を求める意見がツイッター上で話題に

PTAのスリム化を

ライターの大塚玲子氏は4月22日、インターネット上にPTAに関する記事を投稿し、ツイッター上で話題になっています。

記事のタイトルは「なぜ今PTAのスリム化が求められるのか? 児童・保護者数は約3割減っている」です。

保護者が減って、委員の数はそのまま

大塚氏によると「1つのPTAを構成する家庭数は30年前に比べて3割程度減少し」、しかも「1クラスの保護者数もここ30年で33人から24人に減少している」ため、PTA委員になる確率が上がっていると指摘しています。

保護者の過度な負担感を抑制するためにも、児童・保護者の減少に合わせてPTAをスリム化することは必然という意見で記事を締め括っています。

ツイッター上の反応は・・・

旅ぺん(@tabi_pen)さんはPTAを巡る状況が少子化につながると指摘。

おおたがき たかし(@80kame)さんは「やらされ感が増し、PTAが嫌われる」という現状を指摘。

(‘_’)(@shangri_la_19_o)さんは「スリム化は確かに必要」と筆者の意見に同調します。

一方、momo0078(@momo0078)さんは「既にスリム化してる」と指摘しています。

参考サイト

なぜ今PTAのスリム化が求められるのか?児童・保護者数は約3割減っている


2016/05/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部