調査・アンケート

2016/05/06

「赤ちゃんのUVケアはいつから?」赤ちゃん本舗がアンケート調査を実施

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

「赤ちゃんのUVケアはいつから?」赤ちゃん本舗がアンケート調査を実施

子育て中のママ・パパにアンケート

株式会社赤ちゃん本舗は、メールマガジン会員で20代から50代の子育て中の男女を対象に「赤ちゃんのUVケア」に関する調査を実施しました。

UVケアを始めた月齢は

この調査は、3月16日(水)から3月23日(水)の期間に実施、有効回答数は1,142名でした。

まず、赤ちゃんのUVケアを始めた月例について。回答者の約6割が生後1ヶ月から7ヶ月までに始めています。一方で、「赤ちゃんの時期からUVケアをするなんて知らなかった」「生後1ヶ月から使えるものがあるんですか?」といった声もあったそうです。

UVケアをする季節については、日差しの強い夏はもちろん、春先から秋にかけて行う人も。約2割のママ・パパが春からUVケアを開始しています。4月から9月は紫外線が特に多いため、注意したい季節だとのことです。

赤ちゃんとのお出かけ時間帯は紫外線ピークと重なる

1日のうち、紫外線量がピークになるのは正午前後です。赤ちゃんとお出かけする時間帯を聞いたところ「10時から12時」が最も多く54.6%、次いで「13時から15時」が40.6%という結果に。

赤ちゃんとのお出かけ時間帯は、UVケアの必須時間帯であると言えますね。

赤ちゃんのUVケア用品を選ぶ基準は

では、赤ちゃんのUVケアにはどのようなものを選んだらよいのでしょうか。

調査では、赤ちゃんのUVケア用品にUV効果以外で求めるものは何かを質問。その結果「肌にやさしい」(21.8%)「石けんで落とせる」(19.5%)「肌に刺激が少ない」(18.7%)といった意見が多くみられました。

赤ちゃん本舗は、赤ちゃんのためのUVケア用品を選ぶ基準として、「SPF・PA値が低いもの」「紫外線吸収剤を使っていないかどうか」「石けんで落とせるなど肌にやさしい成分」を挙げています。

大人よりも弱くてデリケートな赤ちゃんの肌。様々な刺激から守ってあげるため、日焼け止めを選ぶ時も気をつけてあげたいものですね。

参考サイト

株式会社赤ちゃん本舗のニュースリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加