話題・時事ネタ

2016/05/06

保育への投資に経済合理性あり!(池本美香氏)

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

保育への投資に経済合理性あり!(池本美香氏)

保育投資へのリターン

池本美香氏は4月24日、『朝日新聞』で待機児童に関する記事を掲載し、ツイッター上で話題となっています。

記事のタイトルは「(ひもとく)待機児童 保育への投資はハイリターン 池本美香」です。

ありえないほど高い

池本氏は記事の中で「就学前教育の社会全体の投資収益率は、15-17%と通常の公共投資ではありえないほど高い」「就学前の教育が就学後の教育の効率性を決める」とし、「公的投資の正当性を踏まえた保育の将来ビジョンが必要」と主張しています。

ツイッター上の反応は・・・

中村伊知哉(@ichiyanakamura)さんは「小学校に入れない子どもはいないのに、保育所に入れない子どもがいる」という池本氏の指摘を重く見ています。

Baatarism/ちゃんぷるー(@baatarism)さんは「保育への投資がハイリターンである」という考えを受け入れられない人がいる理由について検討しています。

細野豪志(@hosono_54)さんは「保育の問題は社会の問題ととらえるべき」と社会全体で解決すべきと持論を展開。

一方、橋井健司(@hashii_k)さんは「誤った引用をしている」と池本氏の論理展開に疑問を呈しています。

参考サイト

(ひもとく)待機児童 保育への投資はハイリターン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加