話題・時事ネタ

政府が保育施設の事故防止に向けた議論を開始!

重大事故防止に向けて

政府は4月25日、「教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議」の初会合を開きました。

座長は甲南大学教授の前田正子氏が務め、学識経験者や保育の専門家が重大事故防止策をめぐって意見を交換し、提言をまとめる予定です。

内閣府は2015年の保育施設等での事故報告で、乳幼児14人がうつぶせ寝などで死亡していたことを踏まえ、対策を強化することにしています。

ツイッター上の反応は・・・

日本の政府や政治(@NewsJx)さんは「コレ重要」と議論を推進することに賛意を示します。

一方、遠藤登 @保育安全のかたち(@NurseryOnline)さんは「広く保育の安全について議論をして欲しい」と要望。

寺町東子(@teramachi_toko)さんは現行の配置基準でも死亡事故が起きていることを強調します。

都研野郎(@tokenitabashi)さんも配置基準を守っても事故が起きていることを指摘しています。

参考サイト

内閣府


2016/05/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部