調査・アンケート

2016/05/06

妊婦最大の死亡原因は自殺!東京都の調査結果が明らかに。

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

妊婦最大の死亡原因は自殺!東京都の調査結果が明らかに。

妊産婦死亡ゼロを目指して

順天堂大学教授の竹田省氏は4月23日、日本産科婦人科学会で産後うつに関わる特別講演を行いました。

報告タイトルは「妊産婦死亡『ゼロ』への挑戦」です。

本格的な調査は初めて

竹田氏の報告によると「東京23区で2005年から2014年の10年間に、自殺で亡くなった妊産婦は合計63人に上る」「妊娠・出産期の死因として自殺が最も多い」ということです。

なお、妊産婦の自殺数について本格的な調査結果が明らかになるのは、今回の調査が初めてのことです。

ツイッター上の反応は・・・

いちくろママ(@ichikuromama)さんは「妊娠はかなりナーバスになる事柄」と指摘。

みたらい(@flashshower)さんは残された子どものことを案じています。

いえてぃ(@yeti8)さんは「母子手帳に科学的な情報も載せて欲しい」と解決策を提言。

津田明彦◯臨床心理士(@akihiko_tsuda)さんは「ネウボラのような、妊婦の居場所を」と求めています。

参考サイト

日本産科婦人科学会学術講演会


  • このエントリーをはてなブックマークに追加