話題・時事ネタ

2016/05/06

ベビカム、被災したママに向けた相談コンテンツを開設

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

ベビカム、被災したママに向けた相談コンテンツを開設

被災したママたちに向けた相談室

妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」を運営する株式会社ベビカムが、熊本地震で被災した妊婦さんやママ・パパを支援するためのプロジェクトとして、被災に伴う悩みを専門家に相談できるコンテンツ【緊急相談室】を開設しました。

突然の被災で、今も困難の多い避難生活を送っている妊婦さん、育児中の人々が数多く存在しています。普段とはまったく違う生活の中で抱える特有の悩みや苦しみを、インターネットを通じて専門家に相談することができます。

専門家が答えます

現在は、前愛育病院院長で産婦人科医師の堀口貞夫先生、埼玉医大総合医療センター新生児科教授で小児科医の加部一彦先生、聖母病院看護部長で助産師の山本智美さんら、出産・育児のエキスパートがこの【緊急相談室】に協力しています。

助産師の山本さんからは

これから出産を迎え、心配を抱えている妊婦さん、避難しながら子育てしているママたちが少しでも安心できるように助産師として応援しています。何か不安なこと心配なことなどありましたら相談ください。(【緊急支援室】より引用)
とコメントが投稿されています。

ママたちからのコメントも

専門家以外にも一般のママたちからのコメントも受け付けられ、被災経験のあるママたちからのアドバイスや、ママ同士だからこそ共有できる気持ちのシェアなど、つぶやき感覚でも利用できそうです。

投稿はスマートフォンからでも行えます。悩みや苦しみは抱え込まず、ぜひこの相談室に投稿してみてください。

参考サイト

ベビカム【緊急支援室】

株式会社ベビカム プレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加