話題・時事ネタ

2016/05/06

待機児童ゼロ目前で足踏み。横浜市の発表にツイッター上で賛否が・・・

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

待機児童ゼロ目前で足踏み。横浜市の発表にツイッター上で賛否が・・・

待機児童は1人減少

横浜市は4月26日、待機児童数(4月1日時点)が7人であったことを発表しました。前年比で1人減ったものの、3年連続で待機児童ゼロを達成できませんでした。

供給増を上回る需要の増加

横浜市は保育所など乳幼児の受け皿を大幅に拡充しました。しかし、子育て世代の流入や女性の社会進出の加速を背景に、供給(受け皿)の増加を上回る需要(利用希望者)が発生したため、待機児童解消に至らなかったということです。

ツイッター上の反応は・・・

たまこ(@tamako99)さんは友人からの情報で「流入増加が激しいらしい」とコメント。

山田桂一郎(横浜市会議員 港南区)(@yamadakeiichiro)さんは「整備が追いつかないものの、女性の社会進出は喜ばしい」とコメント。

一方、Akiko Orita(@oritako)さんは「待機児童ゼロの年に保留児童になりました」と市の待機児童数の発表に問題があることを示唆。

駒崎弘樹:Hiroki Komazaki(@Hiroki_Komazaki)さんも「横浜市の待機児童というのは、架空の数字」とその定義の問題点を強調しています。

参考サイト

横浜市


  • このエントリーをはてなブックマークに追加