アレルギー検査

2016/05/17

目が赤く腫れて痒みも……。これって犬アレルギー?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

目が赤く腫れて痒みも……。これって犬アレルギー?

アレルギーを起こす原因は様々で、食物や花粉、犬や猫などの動物が原因であることも。実家で犬を飼っていて、子どもを連れて行く度に目が赤くなりアレルギーを疑う相談者の方に、看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの相談:「2歳の息子が犬アレルギー?症状を抑えるにはどうすれば?」

実家で室内犬を飼っており、数カ月前から実家に長く滞在すると2歳の息子が目を痒がり掻いてしまい、目が充血して周りが赤く腫れることがあります。犬アレルギーだと思うのですが、今後実家に滞在する場合どのような対策をすればよいでしょうか。また、アレルギーは治療で軽くすることは可能でしょうか?実家には頻繁に行くので、何か対策をしたいです。(30代・女性)

一度きちんとアレルギー検査を

動物に触れた手で顔を触ると、アレルギーでなくても目に痒みなどが出ることはあります。お子さんの症状がアレルギーによるものなのか、一度病院で検査を受けてみるのもよいでしょう。

アレルギーでなくても動物を触った手で目をこすったりすると、痒みや充血、瞼が腫れたりすることもあるので、動物に触れたらすぐに手を洗うようにしてください。アレルギーの場合なるべく犬との接触を避けなければなりませんが、症状がひどければペットホテルに預けてお子さんと接触しないようにするという手段を用いるのもやむをえません。お子さんが成長すれば改善する場合もありますが、まずは犬アレルギーかどうか検査を受けてみましょう。(産科看護師)
くしゃみや鼻水、目の痒みなど症状が頻繁にあるようなら病院を受診し、犬アレルギーの有無を血液検査で調べてみてはいかがでしょうか。犬アレルギーは犬の毛やフケ、唾液や尿、便が原因となってアレルギー反応を起こすため、抜け毛の時期は特に注意が必要です。(内科看護師)

掃除と換気の徹底、普段から免疫力を高めておく

できるだけ犬と遠ざけるのがベストですが、無理な場合は室内の掃除と換気を徹底しましょう。また日ごろから、免疫力を高める生活習慣を送ることも大切です。

アレルギーの子どもがいる家庭では、ペットを飼わないことが原則ですが、家族同様のペットを手放したり実家に行かないわけにもいかないと思います。なるべく犬に触れないようにし、部屋はこまめに掃除をして換気や空気清浄器で部屋の空気をきれいにしてください。犬のブラッシングや、排泄物もこまめに処理しましょう。(産科看護師)
できれば犬との接触を避けた方がよいですが、難しいならできるだけ犬に近寄らないようにし、犬に触れる時間を減らしてください。訪問前に実家の方に掃除機をかけるよう頼んだり、犬のシャンプーなど清潔を心がけてもらうようにお願いしてみましょう。空気清浄器の使用や換気するだけでも、効果はあります。(内科看護師)
アレルギーそのものを治療する薬はありませんが、抗アレルギー薬で症状を軽くすることは可能です。また子どものアレルギーは、喘息やハウスダストなど次々と別のアレルギーを起こすことも知られています。抵抗力が低下している時に発症しやすいので、バランスのよい食事や規則正しい生活で免疫力を高めておくことも大切です。(内科看護師)

犬に触れた手で直接目を触らないように注意し、それでも症状が出るようならアレルギー検査を受けてみるとよいでしょう。実家に行く際は事前に掃除と換気をお願いし、日ごろから免疫力を高める生活習慣を心がけてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加