地域情報

2016/05/09

子育てママの元へ出向き、鳥取市長が座談会「子育て支援の参考に」

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

子育てママの元へ出向き、鳥取市長が座談会「子育て支援の参考に」

鳥取市長、母親たちと目線を合わせた対話

鳥取市は、4月28日に第1回 地方創生ストリートミーティングを実施しました。第一弾となる、『すぺーすcomodo(コモド)』での深沢義彦市長と子育て中の女性たちとの座談会では、母親たちの生の声が市長に届けられました。

このストリートミーティングは、市長が市民の元に直接出向いてさまざまな声に耳を傾け、次世代の鳥取市を担う「ひとづくり」につなげていきたいという思いから実施されたものです。

託児施設や遊び場について要望

座談会では、市長が母親たちに対して子育てに関する要望や、困っていることなどを尋ねたそうです。母親たちからは「気軽に短時間の利用ができる託児施設を増やしてほしい」「土日の遊び場を充実させてほしい」など、生活に密着した生の声が届けられました。

市長は同日に更新したFacebookにて

子育て中の女性の皆さんと対話させていただき、さまざまな思いや悩みなどを共有させていただきました。皆さんに直接伺った貴重なご意見などは子育て支援の参考にさせていただきたいと思います。(深澤義彦市長 Facebookページより引用)
とコメントしました。

今後も開催される予定

子育て中の母親が、市長と子育て支援について対話ができる場は非常に有意義といえます。次回のストリートミーティングは5月12日にさざんか会館で開催される予定です。市長はこれを皮切りに、中高生などの若い世代とも対話する機会をつくっていきたいとしています。

参考サイト

鳥取市 公式サイト

深澤義彦鳥取市長 Facebookページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加