話題・時事ネタ

幼児暴行の保育士に懲役1年2カ月の実刑判決!~東京地裁~

懲役1年2カ月

東京地方裁判所は4月25日、暴行の罪に問われた埼玉県春日部市の保育士南木愛美被告に対し、懲役1年2カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡しました。

園児に暴行

南木被告は2015年9月と2016年1月に、東京都北区の認可外保育施設で、男児の口にわさびを塗ったから揚げを押し込んだり、別の男児の両手をひもで縛って口に粘着テープを貼ったりしていました。

ツイッター上の反応は・・・

子鴨を育成してる鴨(@mamarikamo)さんは「涙が出てくる」と加害者に同情的。

Nobutora(@ongakutai2006)さんも「雇用の流動化必要だよ」と加害者も被害者という立場。

また、Satomi Kawasaki(@satomi_333)さんは保育士をここまで追い込んだ「構造的な問題」の解決を国に対して求めます。

一方、山田ヒロシ(@f_bacon)さんは「被害者にとっては一生もののトラウマ」として、「罪は重い」と加害者を断罪します。

参考サイト

東京都北区


2016/05/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部