話題・時事ネタ

義務ではない部活顧問。なぜ教員は拒否できないのか・・・

部活顧問はブラック

Yahoo!ニュース編集部は4月27日、部活顧問に関する特集記事を発表し、ツイッター上の話題となりました。

記事のタイトルは「『部活顧問はブラック』署名運動までする教師たちの切実」です。

部活顧問は義務ではない

記事では「顧問をしている部活の試合で土日も休めない」現状、「問題の根源には『全員顧問制』があること」を指摘します。

また、記事は「部活の顧問は義務ではない」ものの「拒否をすれば他の教員に負担がかかる」こと、また「部活動をしたいという生徒の望みに応えたい」という思いから、教員が顧問を拒否できない現状があることを明らかにしています。

ツイッター上の反応は・・・

KingBolt(@Kingboltvolley)は生徒への悪影響を懸念。

今野晴貴(@konno_haruki)さんは教員の劣悪な労働環境を問題視。

秋田市議会議員の宇佐見康人(@yasuhi10)さんは「外部指導員の招聘が教員・生徒双方にメリットをもたらす」と提言します。

一方、こたつくん(@neo3630)さんは部活顧問のボランティアを否定する風潮に対し、「教職の聖職神話は失われた」とコメントしています。

参考サイト

「部活顧問はブラック」署名運動までする教師たちの切実


2016/05/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部