調査・アンケート

「月7万円の賃金増」「休日増・残業減」が保育士不足解消に必須という結果に、ツイッター上の反応は・・・

有効な保育士不足対策は?

みんなのお買い物ナビ「@DIME」は4月29日、コラムとして保育士に関するアンケート調査の分析結果を公表しました。

記事のタイトルは「保育士不足を解決するために今、求められていること」です。

アンケートは株式会社ウェルクスが3月17日から24日の期間に実施され、保育士・幼稚園教諭・保護者・その他の117人が回答を寄せました。

給与7万円増プラス働き方の改革を!

記事は「保育士不足解消に処遇改善が大切であること」「給与の希望増加額は約7万円であること」「復職には給与アップ以外にも休日や業務量の面での改善を要すること」がアンケートの結果明らかになったと報じています。

ツイッター上の反応は・・・

TOKYO DEMOCRACY CREW(@TOKYO_DEMOCRACY)さんは与野党が出している処遇改善案は「7万円アップに届いていない」と指摘。

DCTフリーク:しばさき有二(@dctfreak)さんはこのアンケート結果が「保育士さんの生の声」であることを強調。

一方、夕凪なくも@『ショート・ストーリーズ』(@sazamekunami01)さんは希望通りの改善を実行したら、保育士の厚遇批判が出てくると予想。

espoir(@espoir_good)さんは保育士不足の別の要因にも目を向けるべきと主張しています。

参考サイト

保育士不足を解決するために今、求められていること


2016/05/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部