話題・時事ネタ

2016/05/09

マツコ案は意外に簡単!?子どもの教育・医療費完全無償化は相続増税で賄える

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

マツコ案は意外に簡単!?子どもの教育・医療費完全無償化は相続増税で賄える

「マツコ案」試算

週刊朝日は4月28日「dot.」上に、子どもの教育・医療費に関する記事を公開しました。

記事のタイトルは「京大・柴田准教授が『マツコ案』試算 7兆円でできる子どもの教育、医療費全額無料」です。

相続税増税で賄える

マツコ・デラックスさんがテレビ番組で展開した持論を、京都大学の柴田悠氏が実際に試算。

保育から大学までの教育費を無償化しても約7.3兆円、同じ期間の医療費を含めても0.5兆円増の計7.8兆円しかかからないことが明らかになりました。

記事では、相続税の基礎控除(現行3000万円と相続人1人につき600万円)を引き下げる(1000万円と子ども1人につき100万円)ことで最高9兆円の財源確保が可能という試算があわせて紹介されています。

ツイッター上の反応は・・・

ママサン(@mamasan_h)さんは「アベノミクスよりはるかに有効な経済政策」とコメント。

Shinya Watanabe 渡辺真也(@curatorshinya)さんは「素晴らしい記事」と絶賛。

駒崎弘樹:Hiroki Komazaki(@Hiroki_Komazaki)さんは「大学まで無償で7兆円。年金52兆円、医療費40兆円」と同調します。

一方、ねこ@5/5西武ドーム(@neko_6101)さんは「実行に移せばいいんだけど」と政治家の腰の重さを指摘し、実現には悲観的です。

参考サイト

京大・柴田准教授が「マツコ案」試算 7兆円でできる子どもの教育、医療費全額無料


  • このエントリーをはてなブックマークに追加