話題・時事ネタ

認可保育所で認可基準を満たせない事態が発生。東京都と8市で132件

朝日新聞・仲村氏の独自取材

朝日新聞の仲村和代氏は自治体に対して児童福祉法に基づく監査結果に関する調査を行いました。

自治体は認可保育所が運営基準を満たしているかどうかの監査を定期的に行っています。監査の結果、指導を行ったか否かに関して仲村氏は調べました。

調査結果の記事は5月1日の朝日新聞上に「認可保育所で保育士不足指摘、3年132件 東京都など」というタイトルで報じられました。

朝夕に保育士不足が発生

2012年度から14年度の間に「保育士が不足している時間帯がある」と指摘したことのある自治体は、東京都と仙台、さいたま、横浜、川崎、名古屋、京都、大阪、福岡の8市でした。指摘件数は合計132件に上りました。

ツイッター上の反応は・・・

piyopiyo(@hiyobei)さんは「当然の結果としか(言いようがない)」とコメント。

練馬区保育問題協議会(@nerima_homonkyo)さんは「子ども達の安全のためにも、保育士さんの処遇改善急務」と声を上げます。

株式会社イースマイリー(@esmiley_inc)さんは「質を保つため受け入れ人数を減らしている」とコメント。

一方、意馬心猿(@fiat500jpn)さんは 「少子高齢化で労働力不足なのは保育業界だけではない」と指摘しています。

参考サイト

朝日新聞


2016/05/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部