話題・時事ネタ

2016/05/09

現役保育士グラドルが語る保育士不足をもたらす低待遇・重労働

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

現役保育士グラドルが語る保育士不足をもたらす低待遇・重労働

現役保育士グラビアアイドルにインタビュー

「日刊SPA!」は5月2日、保育士・ベビーシッターでありながらグラビアアイドルとしても活動する市川みか氏に対し行ったインタビューを掲載し、ツイッター上で話題になっています。

低待遇・重労働

インタビューに対し市川氏は「保育園の時給は都内でも950-1200円が相場で、飲食店のアルバイト並み」とその低待遇を訴えます。

その一方で、「子供の命を預かる重要性の一方で肉体労働。長時間集中力を切らせない。休憩や食事を取れない日もある」とその労働の過酷さを伝えています。

保育士不足については「賃金が低く、生活できないから」と説明、「副業を行う人、仕事量が増えるのを嫌がってあえて非常勤として働く人が増えている」とその実情を語っています。

ツイッター上の反応は・・・

ぎんがみ@FF14タイタン鯖と鞄鯖(@gingami573)さんは保育士の待遇改善のためにも利用料金引き上げを主張。

永山久徳(@h_nagayama)さんも保育料の引き上げか、規制緩和しかないと主張。

次郎右衛門の倅<與平(よへ)さの孫>(@sanpatudogu)さんは高等教育の予算を減らし、児童福祉に回すべきと主張します。

一方、Halluci(@Halluci)さんは「サービス業が大変なのは当然」と市川氏の訴えを一刀両断します。

参考サイト

保育士の“給与の低さ”は深刻。市川みかが語る実態「ラクな仕事じゃない」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加