息抜き・小ネタ

人には聞けない、夏日のフットケア対策

足元を涼しく、かつおしゃれに演出するのに欠かせないサンダル。
でも1日中素足で履いていると、汗で足裏が蒸れて臭いを発するだけでなく、
サンダルには黒っぽい汗染みが…。
また汗で柔らかくなった皮膚から垢がポロポロ出てきたりして、そのまま履いていると、
サンダルにこびりついたりします。
ちょっとコレは人には言えない悩みかもしれません。
足裏を丁寧に洗っていても起こるこの現象。
ここでは足の蒸れやニオイの予防法をご紹介いたします。

足の蒸れやニオイ 足の裏の汗って特別臭うの?

人間の汗のほとんどは、エクリン腺から放出されます。
その成分は99%が水分で、残りの1%は塩分、尿素、アンモニア、カルシウムなどで構成されています。
つまりこのエクリン腺からの汗は、ほとんど臭いを発しません。
しかし、わきの下や足の裏など、特定の部位にはアポクリン腺というものが存在します。
アポクリン腺からは、極度に緊張する、合わない靴をはくなどストレスが強い場合に、
ここから汗が分泌されるようになっています。
このアポクリン腺からの汗の成分構成も、エクリン腺から放出される汗とほぼ同じなのですが、
多少のたんぱく質、脂質などを含みます。
通常であれば、それほど臭いが気になることはありません。
しかし人によっては、アポクリン腺から特有の強い臭いを発するケースがあるのです。
またこうした汗で足裏が蒸れると、湿気を好む細菌が活性化し、足の裏の角質や垢をエサにして
「イソ吉草酸(きっそうさん)」という脂肪酸を発生させます。
これが足特有の臭いの原因なのです。

足の蒸れやニオイ 足の臭いの予防法

サンダルだけでなく、ストッキングや靴下を1日中履いていることでも「イソ吉草酸」は発生します。
よく泡立てた石鹸で、毎日足の裏や指の間などを洗い流すことが大切です。
ここで忘れがちなのが爪。
専用のブラシや毛の柔らかい歯ブラシなどを使って爪の間の汚れもかき出すようにするといいですね。
爪はいつも短く切っておくのも有効です。
また、軽石などで肌をゴシゴシこすって角質を落とす人がいますが、
こすり過ぎは、皮膚が傷つき炎症をおこしたり、皮膚にいる善玉常在菌までも減らしてしまい、
臭いの元となる細菌が繁殖しやすくなります。
臭いが消えるどころかひどくなる場合もあるので注意が必要です。
肌の状態に合わせて2週間〜4週間の間隔で行いましょう。

足の蒸れやニオイ 足の垢の予防

素足でサンダルをはくと、足指の付け根が当たる部分に垢がこびりついたりします。
放っておくと固着して、お気に入りのサンダルにシミを作ったりしてしまいますので、予防しましょう。

予防1「制汗剤」

最近は、足裏用の制汗剤としてパウダーやクリームなどが売っていますので、
でかける前に足裏や指の間に塗ったりはたいていくと、サラサラ感が保てます。
ストッキングや靴下などをはく前にも有効です。
白い粉うつりが気にならなければ、ベビーパウダーで代用するのもいいですね。

予防2「汚れ防止靴底シート」

サンダルを買ったらすぐに、つま先部分に汚れ防止の靴底シートを貼りましょう。
こちらは、ショップによっては、購入時に言えば貼ってくれることもあります。
薄いビニールタイプや、滑り止め機能をもったジェルタイプなど、汚れ防止用は薄く透明なのが特徴です。
汚れたたら取り替えたり、洗ってまた使えるタイプもあります。

予防3「ソックス+サンダル」

素足でサンダルやパンプスを履くのをさけて、薄手の靴下やストッキングをはくのもおすすめです。
「サンダルとソックスを組み合わせる」というスタイルもありますよね。
素足風に見せたい場合は、5本指ソックスや、足指の付け根だけをカバーするタイプの
5本指のフットカバーも出回っていますので、これらを活用してみるのはいかがでしょうか。

どうしようもなく靴底が汚れたら

靴底を拭いたり、陰干しをしたり、サンダルを清潔に保つことは言うまでもありませんが、
何シーズンもはいているとどうしても汚れは蓄積されて落ちにくくなるものです。
そんなときは、靴の修理を行っているお店に行ってみましょう。
サンダルなども可能なものは靴底を張り替えてくれます。
汚れ防止、蒸れにくい素材などを用意しているショップもありますので、相談してみるといいですよ。

<取材協力・監修プロフィール>
監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)

【関連記事】
【朗報】自宅で簡単につくれる「ミョウバンスプレー」で 汗クサさ と決別!
汗染みを防いでフワっと香る「 制汗パウダー 」のつくりかた
梅雨時の 湿気とカビの対策 とは?

2016/05/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部