便秘

便秘でおしりが切れるなんてうちの子だけ?なにかよい対処法はないでしょうか?

子供といえども便秘に苦しむお子さんは少なくありません。大泣きするほど痛がっている姿をみるとなんとかしてあげたくなりますよね。医療・ヘルスケアの専門家に悩みを相談できる「なるカラ」にも、10カ月になる子供の便秘に悩むママから相談が寄せられました。ママの悩みに看護師さんはなんと答えているのでしょう?

ママからの相談:「10カ月の子供が便秘で、うんちをするとおしりが切れてしまいます…」

便秘でうんちが硬くなり排便時におしりが切れてしまう…塗り薬を塗ってあげたほうがいいのか、このまま様子をみていたほうがいいのか?そんな悩みをもつママからの相談です。

10カ月になる娘のことで質問です。離乳食が進んでうんちもゆるくなくなり、約3日に1回のペースでうんちがでています。でも、さすがに3日あいてしまうとうんちが硬くなるようで、ものすごく力んで踏ん張って出しています。するとそのときにおしりが切れて痛いらしく、うんちの後に大泣きします。おしりを拭くと血がつくこともあります。切れても粘膜が治るのは早いと思うのですが、何か薬をつけたほうがよいのでしょうか?また、3日も出ないのはつらそうなので浣腸などで出したほうがよいのでしょうか?

浣腸ってなんだかこわいけど、したほうがいいの?

大人でも粘膜は敏感なところ。ましてや小さな子供が便秘で毎回のように出血するのは心配です。多くの子供のうんちの悩みに取り組んできた看護師さんから、浣腸を試してみてはとアドバイスがありました。

本人がつらそうなほどの便秘なら、「綿棒浣腸」や浣腸を試してみてください。「綿棒浣腸」のやり方は、食後約30分に綿棒にオイルなどをたっぷり含ませて肛門を刺激します。綿の部分が入るくらい入れて、優しくクルクルとマッサージしてみてください。(看護師)
うんちが相当硬くなっている場合は、注意深く行うことが大切です。(看護師)
お薬の塗布については、かかりつけ医にみていただいて指示をあおぎましょう。市販薬には乳幼児にとって刺激の強すぎるものがたくさんありますし、粘膜はとても敏感ですから。(看護師)

食べること・出すことは生きることの基本。気持ちよくうんちが出るようにしてあげよう!

便秘が続くと「どうやって出すか」に注意が向きがちですが、乳幼児を熟知した看護師さんは、「便秘になりにくい食事の工夫をしてみて!」と言っています。

離乳食が進みミルクの量が減ることで、水分量が大きく減っているのかもしれません。特に暑い季節は発汗量が多くなりますので、水分を十分に補ってあげてください。(看護師)
スイカのような水分の多い果物を食事に取り入れましょう。またアレルギーに気をつけながら、バナナやキウイ、りんごなど食物繊維の豊富な果物を与えるのも効果的です。(看護師)

大人でも便秘や切れ痔はつらいもの。便秘になりにくい食事と効果的な対処法で、元気で楽しい毎日を過ごせるようにしてあげたいものですね。もしママも便秘がちなら、この際一緒に取り組んでみては?親子そろってレッツ快便!


2014/07/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)