話題・時事ネタ

2016/05/12

新卒で保育士になり、1年働いたら20万円「プレゼント」!大阪市の保育士確保策

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

新卒で保育士になり、1年働いたら20万円「プレゼント」!大阪市の保育士確保策

大阪市が補正予算を組む

大阪市は5月6日、補正予算案を公表しました。補正予算案は5月13日に開会する本会議に上程され、審議される予定です。

今回の補正予算案には保育士確保のための特別な予算措置も盛り込まれていることから、ツイッター上で話題になっています。

最大20万円を給付

保育士確保策の目玉は20万円の給付制度。

大学や専門学校の保育士課程を卒業したり国家試験に合格したりして資格取得後、すぐ保育所やこども園などの保育施設へ就職した場合には最大10万円。

1年間辞めずに勤務をすれば、さらに最大10万円。合計20万円が施設を通じ給付されるという仕組みです。

この制度のため大阪市は4年間で総額2億9400万円の予算を準備する予定です。

ツイッター上の反応は・・・

幸子 やっぱり都構想(都の仕組み)(@sachiko_515)さんは保育士不足解消に期待。

津川だいすけ(@dai_tsugawa73)さんも期待を寄せます。

一方、雪白(@snow_blan)さんは「中身の精査が皆無」「暗愚の極み」と一刀両断。

saccay(@saccay)さんは「堺市は先にやってるけど」と大阪が全国初ではないと指摘します。

参考サイト

大阪市「平成28年度5月補正予算案」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加