話題・時事ネタ

2016/05/12

子育てに厳しいと「貧しい国」になる!境治氏の記事に共感広がる

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

子育てに厳しいと「貧しい国」になる!境治氏の記事に共感広がる

日本は貧しい国に!?

コピーライターでメディアコンサルタントを務める境治氏は5月5日、「iRONNA」上に子育てと国作りに関する記事を公開し、ツイッター上で話題になっています。

記事のタイトルは「『子育て』にきびしい国は、みんなが貧しくなる国だ」です。

人口が減少すれば国力は低下する

境氏は記事冒頭で「保育園問題を実感しにくい中高年にこそ読んでほしい」と呼びかけます。

中高年と現代の子育て世代の最も違うところは「共働きが必須」なところ。それにも関わらず「首都圏の保育園は少なすぎる」と境氏は主張します。

「子どもは迷惑をかけながら育てるもの」であり、迷惑をかけながら行われる「保育を受容しない国」では人口が減少し、人口が減少すれば国力は低下すると論じています。

ツイッター上の反応は・・・

駒崎弘樹:Hiroki Komazaki(@Hiroki_Komazaki)さんは「確実に我々は衰退していっている」と筆者の意見に賛同。

Elisha(@ElishaBlueWood)さんも現状を改善する施策が実行されないだろうと悲観的です。

工藤啓(@sodateage_kudo)さんは社会による子育ての必要性を再認識したようです。

一方、たいしょう(@taisho__)さんは「結婚はもはやぜいたく品」と諦観の構えです。

参考サイト

「子育て」にきびしい国は、みんなが貧しくなる国だ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加